2010年4月アーカイブ

ORM本誌配布ご協力店、花小金井のCafe Tool Boxで『ゴダイゴ』のギタリスト、浅野孝巳氏の40名限定スペシャルライブが開催されます。GAOも参加予定!楽しみです!!

日時:5月8日(土曜)15時〜
場所:小平市花小金井6-14-21
   Cafe Tool Box
チケット:2,000円(要予約)
予約・お問合せ:
Cafe Tool Box 042-410-0050      

Cafe Tool Boxマスターのブログ
http://ameblo.jp/cafe-toolbox

浅野孝巳氏のブログ
http://asanotakami.jugem.jp/?day=20100424

Tool Boxで浅野孝巳氏のライブ

画像

ORM本誌配布ご協力店、花小金井のCafe Tool Boxで『ゴダイゴ』のギタリスト、浅野孝巳氏の40名限定スペシャルライブが開催されます。GAOも参加予定!楽しみです!!

日時:5月8日(土曜)15時〜
場所:小平市花小金井6-14-21
   Cafe Tool Box
チケット:2,000円(要予約)
予約・お問合せ:
Cafe Tool Box 042-410-0050      

Cafe Tool Boxマスターのブログ
http://ameblo.jp/cafe-toolbox

浅野孝巳氏のブログ
http://asanotakami.jugem.jp/?day=20100424

月曜『青レンジャー』のスタントをやっていた人に会いました。
今日会った人は『赤レンジャー』のスタントマンだったそう。
蔦屋でゴレンジャー借りようと思います。

ちなみにこれも偶然なのですが、お二人ともが東映の『爆発!暴走族』にスタントマンとして出演されたそう。

こんなことってあるのですね。
今は別の世界で活躍されているお二人(といってもと言っても共に偶然クルマ関係!)を近々お引き合わせしたいと思います。

こりゃ面白い!!!

※画像は月曜日に見せて頂いた爆発!〜のポスター。東映の作品ながら、こんな内容…。いい時代だったんですね〜

ゴレンジャーと爆発!暴走族

画像

月曜『青レンジャー』のスタントをやっていた人に会いました。
今日会った人は『赤レンジャー』のスタントマンだったそう。
蔦屋でゴレンジャー借りようと思います。

ちなみにこれも偶然なのですが、お二人ともが東映の『爆発!暴走族』にスタントマンとして出演されたそう。

こんなことってあるのですね。
今は別の世界で活躍されているお二人(といってもと言っても共に偶然クルマ関係!)を近々お引き合わせしたいと思います。

こりゃ面白い!!!

※画像は月曜日に見せて頂いた爆発!〜のポスター。東映の作品ながら、こんな内容…。いい時代だったんですね〜

アメリカン、ワーク、ホイールがキーワード。
7回目を迎えるグループ展示会『SYNDICATE』(シンジケート)が本日12時〜3日間、代官山で開催されます。

参加社/ブランドは下記の通り。
AVENGER HELMET
BALLISTICS
BLUCO WORK GARMENT
UNCORD EYEWEAR
FOUR SPEED LEATHERS
HIGHSPEC
JACKSON MATISSE
LARRYSMITH
MODIFYING ENGINEER
THE HIGHEST END
TROPHY CLOTHING
WEST RIDE
VASCO

尚、出展するFOUR SPEED LEATHERSの新作カットソー(Tシャツ)などに僕、GAOがアートワークをご提供しており、そのお披露目も行われます。

全体として非常に見応えのある展示会です。
入場無料、一般の方の入場も可能です。
是非お越し下さい。

会期
4/20(火曜)12〜19時
4/21(水曜)10〜19時
4/22(木曜)10〜18時

会場
東京都渋谷区猿楽町29-21
ヒルサイドテラス アネックスA棟
(東急東横線/中目黒駅及び代官山駅から徒歩圏内)

画像

アメリカン、ワーク、ホイールがキーワード。
7回目を迎えるグループ展示会『SYNDICATE』(シンジケート)が本日12時〜3日間、代官山で開催されます。

参加社/ブランドは下記の通り。
AVENGER HELMET
BALLISTICS
BLUCO WORK GARMENT
UNCORD EYEWEAR
FOUR SPEED LEATHERS
HIGHSPEC
JACKSON MATISSE
LARRYSMITH
MODIFYING ENGINEER
THE HIGHEST END
TROPHY CLOTHING
WEST RIDE
VASCO

尚、出展するFOUR SPEED LEATHERSの新作カットソー(Tシャツ)などに僕、GAOがアートワークをご提供しており、そのお披露目も行われます。

全体として非常に見応えのある展示会です。
入場無料、一般の方の入場も可能です。
是非お越し下さい。

会期
4/20(火曜)12〜19時
4/21(水曜)10〜19時
4/22(木曜)10〜18時

会場
東京都渋谷区猿楽町29-21
ヒルサイドテラス アネックスA棟
(東急東横線/中目黒駅及び代官山駅から徒歩圏内)

継続は力なり

子供の頃、日記帳を一冊書き切った記憶がない。ひとつ下の弟は何年も日記を書き綴り、何冊もの日記帳が彼の少年の日の記録として残っているのだが、僕には何もない。数ページしか書かれていない、まさに『三日坊主』の日記帳なら、きっと実家のどこかに残っているだろうが。

勉強も好きじゃなかったし、何しろ続けることが苦手だったのだ。いつも母親に「継続は力なり、っていう言葉があるんだよ!」と叱咤激励されていたが、ダメだった。

すっかりオトナ(オッサン)になった2000年10月にホームページをスタート、何ということもない日記を自分のページに日記として書きはじめた。当時はブログなんて便利なものはなく、たった数行の日記更新でも『ピーヒョロヒョロ〜』とダイヤルアップだったから、今思えば大変だった。

同じ年の暮れに勤めを辞めて翌01年春にハーレーダビッドソンによるアメリカ大陸横断の冒険旅行に出かけたが、この時も重たいMacのノートパソコンを持ち歩き、ほぼ毎日旅日記をアップロードし続けた。500〜800キロぐらい走ってはモーテルで夜な夜なホームページを更新した。毎日違うモーテルに泊まるので電話機も違うし、回線の事情も異なる。その日に撮った中から数枚をピックアップして日記を書いて、その作業だけならせいぜい1〜2時間程度でも、ダイヤルアップでのアップロードに苦労して、空が白むまで『ピーヒョロヒョロ〜』と悪戦苦闘したこともあった。

当時、インターネットは普及しはじめていたものの今ほど個人によるwebでの情報発信は多くなかった。だからだろう、いい歳したオトコの浮世離れした旅のリアルタイム日記を面白がる人が多かったようで、アクセスカウンターの数字は毎日面白いようにグングン増えた。それが更新の活力、やり甲斐にもなっていたのだと思う。

キャンプ道具も持参していたが、ホームページ更新という『義務感』からか、2ヶ月以上の旅でテントをはることはほとんどなかった。

帰国後、旅日記を見てくれたモーターサイクル雑誌ホットバイクジャパンの編集長、池田伸氏(当時)から隔月連載の仕事を頂いた。帰国後も続けていたweb日記や、この初連載がきっかけで一生付き合っていくであろういい友人もできた(ORM本誌やORM-web、ブログでもお馴染みの武田一氏もその一人だ)。

00年暮れの辞職は再就職を念頭においてのことだったはずが、そんな考えはいつの間にやらどこかに吹き飛んでしまい、気付けば絵を描いたり文章を書いたりすることが生活のベースになっていた。

発信することの面白さを知ってしまった僕は、2003年にクルマやモーターサイクル、自転車をテーマにしたフリーマガジン、『ON THE ROAD MAGAZINE』(略称:ORM)を創刊した。思いつきでの発行ゆえ当初は赤字だったが、想像を超える反響が面白くてほぼ季刊ペースで発行を続け、先月発行の最新号で24冊を数えるまでになった。

ORMが縁で知り合ったイワモトモータース岩本雄次氏の紹介で、05年の暮れからは中古車情報サイト、CarTown.jpに毎週イラストとコラムを書かせて頂くようになった。

08年5月には月刊のハーレー雑誌クラブハーレーのイラスト&コラム連載がスタート、これも現在まで続いており、来月発売号で3年目に突入する。このカラー2ページも取材やテキスト制作など、毎月のことなでかなり大変なのだが、本になって手元に届いた時のページを開くワクワク感と、見ず知らずの方も含めたたくさんの読者からのコメントや応援メッセージを励みに、楽しみながら続けさせて頂いている。

振り返ると苦手だったハズの日記をweb上でスタートしたことが起点となり、週刊、月刊、季刊での継続的な創作、発表という流れが今の僕の生活の基盤になっていた。今あるたくさんの仕事も、仲間も、生活も、そしてORM-webも、みんな『継続』がカギになっているではないか!

母が言っていた『継続は力なり』の意味が今になって理解出来る。
「馬鹿ねえ、気づくのが遅いわよ!」と亡き母の声が聞こえた気がした。

<CarTown.jpに掲載のGAO NISHIKAWAのコラムから抜粋、加筆、掲載>

継続は力なり

子供の頃、日記帳を一冊書き切った記憶がない。ひとつ下の弟は何年も日記を書き綴り、何冊もの日記帳が彼の少年の日の記録として残っているのだが、僕には何もない。数ページしか書かれていない、まさに『三日坊主』の日記帳なら、きっと実家のどこかに残っているだろうが。

勉強も好きじゃなかったし、何しろ続けることが苦手だったのだ。いつも母親に「継続は力なり、っていう言葉があるんだよ!」と叱咤激励されていたが、ダメだった。

すっかりオトナ(オッサン)になった2000年10月にホームページをスタート、何ということもない日記を自分のページに日記として書きはじめた。当時はブログなんて便利なものはなく、たった数行の日記更新でも『ピーヒョロヒョロ〜』とダイヤルアップだったから、今思えば大変だった。

同じ年の暮れに勤めを辞めて翌01年春にハーレーダビッドソンによるアメリカ大陸横断の冒険旅行に出かけたが、この時も重たいMacのノートパソコンを持ち歩き、ほぼ毎日旅日記をアップロードし続けた。500〜800キロぐらい走ってはモーテルで夜な夜なホームページを更新した。毎日違うモーテルに泊まるので電話機も違うし、回線の事情も異なる。その日に撮った中から数枚をピックアップして日記を書いて、その作業だけならせいぜい1〜2時間程度でも、ダイヤルアップでのアップロードに苦労して、空が白むまで『ピーヒョロヒョロ〜』と悪戦苦闘したこともあった。

当時、インターネットは普及しはじめていたものの今ほど個人によるwebでの情報発信は多くなかった。だからだろう、いい歳したオトコの浮世離れした旅のリアルタイム日記を面白がる人が多かったようで、アクセスカウンターの数字は毎日面白いようにグングン増えた。それが更新の活力、やり甲斐にもなっていたのだと思う。

キャンプ道具も持参していたが、ホームページ更新という『義務感』からか、2ヶ月以上の旅でテントをはることはほとんどなかった。

帰国後、旅日記を見てくれたモーターサイクル雑誌ホットバイクジャパンの編集長、池田伸氏(当時)から隔月連載の仕事を頂いた。帰国後も続けていたweb日記や、この初連載がきっかけで一生付き合っていくであろういい友人もできた(ORM本誌やORM-web、ブログでもお馴染みの武田一氏もその一人だ)。

00年暮れの辞職は再就職を念頭においてのことだったはずが、そんな考えはいつの間にやらどこかに吹き飛んでしまい、気付けば絵を描いたり文章を書いたりすることが生活のベースになっていた。

発信することの面白さを知ってしまった僕は、2003年にクルマやモーターサイクル、自転車をテーマにしたフリーマガジン、『ON THE ROAD MAGAZINE』(略称:ORM)を創刊した。思いつきでの発行ゆえ当初は赤字だったが、想像を超える反響が面白くてほぼ季刊ペースで発行を続け、先月発行の最新号で24冊を数えるまでになった。

ORMが縁で知り合ったイワモトモータース岩本雄次氏の紹介で、05年の暮れからは中古車情報サイト、CarTown.jpに毎週イラストとコラムを書かせて頂くようになった。

08年5月には月刊のハーレー雑誌クラブハーレーのイラスト&コラム連載がスタート、これも現在まで続いており、来月発売号で3年目に突入する。このカラー2ページも取材やテキスト制作など、毎月のことなでかなり大変なのだが、本になって手元に届いた時のページを開くワクワク感と、見ず知らずの方も含めたたくさんの読者からのコメントや応援メッセージを励みに、楽しみながら続けさせて頂いている。

振り返ると苦手だったハズの日記をweb上でスタートしたことが起点となり、週刊、月刊、季刊での継続的な創作、発表という流れが今の僕の生活の基盤になっていた。今あるたくさんの仕事も、仲間も、生活も、そしてORM-webも、みんな『継続』がカギになっているではないか!

母が言っていた『継続は力なり』の意味が今になって理解出来る。
「馬鹿ねえ、気づくのが遅いわよ!」と亡き母の声が聞こえた気がした。

<CarTown.jpに掲載のGAO NISHIKAWAのコラムから抜粋、加筆、掲載>

このアーカイブについて

このページには、2010年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年3月です。

次のアーカイブは2010年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0