2009年12月アーカイブ

GAOさんの紹介してくれる世界

こんな人がいるのか~

こんな世界があるのか~

いつも感心させられっぱなしです。

    ↓

http://orm-web.co.jp/headline/report/post_3.php

 

自分の場合…

 

アメリカとハーレーとピックアップトラック

 

コレだけで…とてもそれ以上…世界を広げていけませんが、

それでも…

各界のカリスマとも呼べる人たちの生き様には…

いつもインスパイアーされています。

 

さぁ~この冬アメリカへ行くと決まれば…

準備は早い早い!

 

Youth comes but once in a lifetime.

「青春は人生にただ一度だけのもの。」

 

来年から就職が決まった娘も行きた~い!というので…

二人旅です!

 

「何~にもない~ま~っすぐな道を走りたい!」

 

という娘のリクエストもあって…

 

ネバダでも車で走ってこようかな~と思います。

 

写真は、娘が17歳の時にハーレーで行ったモニュメントバレーです。

 

現地からアップできれば様子をお伝えするかもしれません。

 

 

それでは…よいお年をお迎えください。

画像

GAOさんの紹介してくれる世界

こんな人がいるのか~

こんな世界があるのか~

いつも感心させられっぱなしです。

    ↓

http://orm-web.co.jp/headline/report/post_3.php

 

自分の場合…

 

アメリカとハーレーとピックアップトラック

 

コレだけで…とてもそれ以上…世界を広げていけませんが、

それでも…

各界のカリスマとも呼べる人たちの生き様には…

いつもインスパイアーされています。

 

さぁ~この冬アメリカへ行くと決まれば…

準備は早い早い!

 

Youth comes but once in a lifetime.

「青春は人生にただ一度だけのもの。」

 

来年から就職が決まった娘も行きた~い!というので…

二人旅です!

 

「何~にもない~ま~っすぐな道を走りたい!」

 

という娘のリクエストもあって…

 

ネバダでも車で走ってこようかな~と思います。

 

写真は、娘が17歳の時にハーレーで行ったモニュメントバレーです。

 

現地からアップできれば様子をお伝えするかもしれません。

 

 

それでは…よいお年をお迎えください。

アメリカの旅を授業で...

見た目…あまり教員らしくなく、

英語もしゃべれそうにないので…

保健の教員と間違えられますが…

そんな自分にも

受験英語からの脱却という願いがあります。

 

これは、受験英語を否定するのではなく

受験英語を熟知しているからこその、ワンランク上を行く生きた英語教育をしてみたい!

そんなことを考えているんです。

 

そんな活動の一環として

3年ぐらい前から…

『英語教育』という雑誌のグラビアや表紙の写真提供、コラムを書いてきました。

うれしいことに、先日、出版社からお電話を頂いて…

また、1年、コラムの継続掲載が決まりました。

 

これで…

取材と称して…

妻をなだめて…

また、アメリカへ行ってきま~す(笑)。

画像

見た目…あまり教員らしくなく、

英語もしゃべれそうにないので…

保健の教員と間違えられますが…

そんな自分にも

受験英語からの脱却という願いがあります。

 

これは、受験英語を否定するのではなく

受験英語を熟知しているからこその、ワンランク上を行く生きた英語教育をしてみたい!

そんなことを考えているんです。

 

そんな活動の一環として

3年ぐらい前から…

『英語教育』という雑誌のグラビアや表紙の写真提供、コラムを書いてきました。

うれしいことに、先日、出版社からお電話を頂いて…

また、1年、コラムの継続掲載が決まりました。

 

これで…

取材と称して…

妻をなだめて…

また、アメリカへ行ってきま~す(笑)。

ハーレーのガレージ

 

いつかは…Harleyを停める

大人の秘密基地…欲しいですね。

 

当WEBでも紹介しているガレージ製作会社の

 ↓

http://orm-web.co.jp/headline/report/dgf.php

 

Dinago Garage Factory さんのブログ

http://blog.dainao.net/

 

を見ていると…

マンション暮らしの自分でも…妄想の世界へ羽ばたけます。

 

 

アメリカを旅していて大好きなのが…

バーンと呼ばれる納屋のある景色です。

 

なにげないんだけど…

 

とてもアメリカ的な雰囲気がたまりません。

 

いつかは…こんな納屋を改造した秘密基地が欲しいですね~。

ハーレーのガレージ

画像

 

いつかは…Harleyを停める

大人の秘密基地…欲しいですね。

 

当WEBでも紹介しているガレージ製作会社の

 ↓

http://orm-web.co.jp/headline/report/dgf.php

 

Dinago Garage Factory さんのブログ

http://blog.dainao.net/

 

を見ていると…

マンション暮らしの自分でも…妄想の世界へ羽ばたけます。

 

 

アメリカを旅していて大好きなのが…

バーンと呼ばれる納屋のある景色です。

 

なにげないんだけど…

 

とてもアメリカ的な雰囲気がたまりません。

 

いつかは…こんな納屋を改造した秘密基地が欲しいですね~。

かっこいい自転車が流行っていますよね!

当WEBでも紹介されていた自転車

アメリカしています。

  ↓

http://orm-web.co.jp/magazine/vol20/_nirve.php

 

写真は…

北アメリカで一番標高の高いコロラド州の舗装道路で

チャリンコとすれ違った時の一枚です。

この辺りは、草も生えないツンドラ地帯なんですよ~。

 

富士山よりも高い場所なので…

上りはきつかったでしょうね~。

でも、それは、それは…気持ち良さそうでした。

You gain strength, courage and confidence by every experience in which you really stop to look fear in the face.

「恐怖で立ち止まってしまうような経験をする度に、力と勇気と自信が手にはいる。」

 

旅心をくすぐられます。

画像

かっこいい自転車が流行っていますよね!

当WEBでも紹介されていた自転車

アメリカしています。

  ↓

http://orm-web.co.jp/magazine/vol20/_nirve.php

 

写真は…

北アメリカで一番標高の高いコロラド州の舗装道路で

チャリンコとすれ違った時の一枚です。

この辺りは、草も生えないツンドラ地帯なんですよ~。

 

富士山よりも高い場所なので…

上りはきつかったでしょうね~。

でも、それは、それは…気持ち良さそうでした。

You gain strength, courage and confidence by every experience in which you really stop to look fear in the face.

「恐怖で立ち止まってしまうような経験をする度に、力と勇気と自信が手にはいる。」

 

旅心をくすぐられます。

日本のカスタムハーレー

日本のカスタムバイク屋さんのレベルは相当なものだと思います。

感性が…実に素晴らしい!

 

On the road magazineで紹介されていた「ロッドホッパー」

  ↓

http://orm-web.co.jp/headline/report/post_1.php

 

カッコイイですね~!

 

ところで、

アメリカのバイカーズミーティングでもカスタムバイクをみかけます。

ですが…

どうも…

アメリカのカスタムバイクの方向性は…

アレ???って…思う場合も結構あります。

 

この配色…どう思いますか?

 

There is no accounting for taste.

「人の趣味は説明することはできない」

 

つくづくそう思いました。

画像

日本のカスタムバイク屋さんのレベルは相当なものだと思います。

感性が…実に素晴らしい!

 

On the road magazineで紹介されていた「ロッドホッパー」

  ↓

http://orm-web.co.jp/headline/report/post_1.php

 

カッコイイですね~!

 

ところで、

アメリカのバイカーズミーティングでもカスタムバイクをみかけます。

ですが…

どうも…

アメリカのカスタムバイクの方向性は…

アレ???って…思う場合も結構あります。

 

この配色…どう思いますか?

 

There is no accounting for taste.

「人の趣味は説明することはできない」

 

つくづくそう思いました。

ハーレーで広がる友達の輪

「ハーレーで広がる友達の輪」

なんて…

ベタなタイトルにしてしまいましたが…

ハーレーディーラーさんを中心に広がる仲間の輪というものは、

車などのディーラーではなかなか体験できないことのようにも思います。

 

昭和の森のディーラーもステキなお店ですね!是非一度、足を運んでみてください。

 

http://orm-web.co.jp/headline/report/harley-davidson.php 

 

ハーレーディーラーで働いている人って…

好きな仕事をしているっていう

オーラを放っているように思います。

 

ところで、

ハーレーでアメリカを旅する時

必ずハーレーディーラーに足を運びます。

お目当ては…ご当地Tシャツ!

お陰様でコレクションも大分増え…

2ヶ月間は毎日違うハーレーTシャツを着れるほどに…

妻には呆れられていますが…。

 

そんなアメリカのディーラーで、

日本のディーラーではあまりみかけない光景に出くわすことがあります。

それは、広告用のスチール写真撮影している現場です。

 

 

アリゾナのディーラーに寄った時も

そんな撮影の真っ最中!

現地で意気投合したハーレー乗りのリックが…

 

「コイツは日本から来たんだ!一緒に撮ってやってくれないか?」

 

ということで…

美しい女性ライダーに囲まれてパシャリ!

 

Once in a life time…な思い出となりました。

 

画像

「ハーレーで広がる友達の輪」

なんて…

ベタなタイトルにしてしまいましたが…

ハーレーディーラーさんを中心に広がる仲間の輪というものは、

車などのディーラーではなかなか体験できないことのようにも思います。

 

昭和の森のディーラーもステキなお店ですね!是非一度、足を運んでみてください。

 

http://orm-web.co.jp/headline/report/harley-davidson.php 

 

ハーレーディーラーで働いている人って…

好きな仕事をしているっていう

オーラを放っているように思います。

 

ところで、

ハーレーでアメリカを旅する時

必ずハーレーディーラーに足を運びます。

お目当ては…ご当地Tシャツ!

お陰様でコレクションも大分増え…

2ヶ月間は毎日違うハーレーTシャツを着れるほどに…

妻には呆れられていますが…。

 

そんなアメリカのディーラーで、

日本のディーラーではあまりみかけない光景に出くわすことがあります。

それは、広告用のスチール写真撮影している現場です。

 

 

アリゾナのディーラーに寄った時も

そんな撮影の真っ最中!

現地で意気投合したハーレー乗りのリックが…

 

「コイツは日本から来たんだ!一緒に撮ってやってくれないか?」

 

ということで…

美しい女性ライダーに囲まれてパシャリ!

 

Once in a life time…な思い出となりました。

 

ハーレーに乗りたかった!

松下さんの連載が始まりますね~。

http://orm-web.co.jp/headline/report/_web1.php

こんなスゴイ人がいるってことで

なんか自分自身が奮い立たされ

日本が元気になっていくようにも思います。

でもいきなりこんなスゴイこと…

誰もができるわけではありません。

背伸びをしすぎずに、

自分にあった車輪のあるライフスタイルを確立していく

それが大切なように思います。

 

自分も40歳でハーレーに乗ろうと思った時…

ジムに通い肉体改造に取り組みました。

雑誌で紹介している鎖のついた長財布とブーツを買いました。

でも…

アメリカのハーレー乗りを会うと…みんな普通のかっこしてるんです。

革のベストから贅肉がはみ出していようとお構いなし…

「小さなことなど気にしないワカチクワカチク!

今はやりの言葉で表現すれば…こんな感じだったんです。

英語では…

Don't lose the forest from the trees.

「木を見て森をみず」となるのでしょうか?

これから…ハーレーの乗りたいと思っている年配の方々がいらっしゃれば…

「乗りたい!」という気持ちの方を大切にされることを強くオススメします。

特別な乗り物ではないんです。ハーレーって!

ハーレーで楽しみましょう!

画像

松下さんの連載が始まりますね~。

http://orm-web.co.jp/headline/report/_web1.php

こんなスゴイ人がいるってことで

なんか自分自身が奮い立たされ

日本が元気になっていくようにも思います。

でもいきなりこんなスゴイこと…

誰もができるわけではありません。

背伸びをしすぎずに、

自分にあった車輪のあるライフスタイルを確立していく

それが大切なように思います。

 

自分も40歳でハーレーに乗ろうと思った時…

ジムに通い肉体改造に取り組みました。

雑誌で紹介している鎖のついた長財布とブーツを買いました。

でも…

アメリカのハーレー乗りを会うと…みんな普通のかっこしてるんです。

革のベストから贅肉がはみ出していようとお構いなし…

「小さなことなど気にしないワカチクワカチク!

今はやりの言葉で表現すれば…こんな感じだったんです。

英語では…

Don't lose the forest from the trees.

「木を見て森をみず」となるのでしょうか?

これから…ハーレーの乗りたいと思っている年配の方々がいらっしゃれば…

「乗りたい!」という気持ちの方を大切にされることを強くオススメします。

特別な乗り物ではないんです。ハーレーって!

ハーレーで楽しみましょう!

今、ハーレーに乗る理由

スゴイのが発売されましたね~。

http://orm-web.co.jp/headline/report/13up.php

ハーレーはアフターパーツの選択ということもおもしろさの一つです。


自分もつい先日e-Bayでマフラーを落札しました。
出品者の説明にはこうあります。

Harley-Davidson Heritage Springer FLSTS Fishtail Mufflers
These came on my 2002 FLSTS.
I replaced them with aftermarket exhaust after less than 1600 miles on them.
They are in very good condition!

■replace A with B 「AをBに取り替える」

ですから…

「FLSTSの2002年モデルのマフラーを
 走行距離1600マイル以下で
 アフターマーケットのエキパイに取り替えた。
 このマフラーは最高のコンディション!」

と読んで…
これはノーマルのマフラーかと思っていました。

ブツが到着したので…朝早く起きて
いえいえ…起きちゃって…(笑)
マフラー交換をしました。
ひんやりとした地球に寝転がって
モンキーレンチを廻しながら
その向こうにみえる空のきれいなこと…
生きてるな~!
生きてるよ!
50歳の男が空を初めてみるかのように感動してしまいます。

装着完成!

そして…エンジンをかけて
もう~ぶったまげました!

ちなみに…自分の今までのマフラー歴は…

①ノーマル…静か過ぎ!

②モーターステージ社…管楽器のような綺麗な音です。

③サンダーヘッダー…スラップベースのようなサウンドで、アイドリングしているだけで満たされます。それこそ最高!なんですけど…

「子どもが寝ています。遠くでエンジンをかけてください」

と張り紙をされたこともあり…(涙)
マンション生活者としては…泣く泣く封印!

④スクリーミンイーグル社…まさにアメリカのノー天気な爆音

で…今回のコレ

⑤Cycle Shack MHD 325 というらしい???
このサウンド…なかなか良いんです。
オシャレな重低音
うるさすぎず…静か過ぎず!

さっそく…
みんなにも聞いてもらいたくなりました。
いえいえ…
自慢したくなりました(笑)。

で…

中国の自動車会社に買収されたボルボジャパンへ!

自分は28年前にランクル60を購入、80と乗り継いで…
100系になった時に…ランクルとはサヨナラしました。

そして、スカンジナビアの雄ボルボV70へ

Your deepest fault is that you are in fact, without faults.
「スキがないのがあなたの欠点」

ボルボ…ってこんな感じでしょうか?

この車を選んだのは…運転の荒い妻のためでもあります。

ボルボディーラーに到着すると…
とっかえ、ひっかえスタッフの人が出てきて…
みんな…羨望の眼差しでハーレーに目を凝らします。
今の自動車…つまらないんです。
それは…
自動車好きの業界人が、実は、一番感じていることで…
ドコドコドコとエンジンをかけると…
今、多くの中年が20年前に車に憧れた時のトキメキをハーレーに感じている理由に

デーラーのみなさんもあらためて気づいたようでした。

「今度、カタログお持ちします!」

そう言ってディーラーをあとにしました(笑)。

どうですか?

きまってるでしょう?

男のロマンが加速します!

画像

スゴイのが発売されましたね~。

http://orm-web.co.jp/headline/report/13up.php

ハーレーはアフターパーツの選択ということもおもしろさの一つです。


自分もつい先日e-Bayでマフラーを落札しました。
出品者の説明にはこうあります。

Harley-Davidson Heritage Springer FLSTS Fishtail Mufflers
These came on my 2002 FLSTS.
I replaced them with aftermarket exhaust after less than 1600 miles on them.
They are in very good condition!

■replace A with B 「AをBに取り替える」

ですから…

「FLSTSの2002年モデルのマフラーを
 走行距離1600マイル以下で
 アフターマーケットのエキパイに取り替えた。
 このマフラーは最高のコンディション!」

と読んで…
これはノーマルのマフラーかと思っていました。

ブツが到着したので…朝早く起きて
いえいえ…起きちゃって…(笑)
マフラー交換をしました。
ひんやりとした地球に寝転がって
モンキーレンチを廻しながら
その向こうにみえる空のきれいなこと…
生きてるな~!
生きてるよ!
50歳の男が空を初めてみるかのように感動してしまいます。

装着完成!

そして…エンジンをかけて
もう~ぶったまげました!

ちなみに…自分の今までのマフラー歴は…

①ノーマル…静か過ぎ!

②モーターステージ社…管楽器のような綺麗な音です。

③サンダーヘッダー…スラップベースのようなサウンドで、アイドリングしているだけで満たされます。それこそ最高!なんですけど…

「子どもが寝ています。遠くでエンジンをかけてください」

と張り紙をされたこともあり…(涙)
マンション生活者としては…泣く泣く封印!

④スクリーミンイーグル社…まさにアメリカのノー天気な爆音

で…今回のコレ

⑤Cycle Shack MHD 325 というらしい???
このサウンド…なかなか良いんです。
オシャレな重低音
うるさすぎず…静か過ぎず!

さっそく…
みんなにも聞いてもらいたくなりました。
いえいえ…
自慢したくなりました(笑)。

で…

中国の自動車会社に買収されたボルボジャパンへ!

自分は28年前にランクル60を購入、80と乗り継いで…
100系になった時に…ランクルとはサヨナラしました。

そして、スカンジナビアの雄ボルボV70へ

Your deepest fault is that you are in fact, without faults.
「スキがないのがあなたの欠点」

ボルボ…ってこんな感じでしょうか?

この車を選んだのは…運転の荒い妻のためでもあります。

ボルボディーラーに到着すると…
とっかえ、ひっかえスタッフの人が出てきて…
みんな…羨望の眼差しでハーレーに目を凝らします。
今の自動車…つまらないんです。
それは…
自動車好きの業界人が、実は、一番感じていることで…
ドコドコドコとエンジンをかけると…
今、多くの中年が20年前に車に憧れた時のトキメキをハーレーに感じている理由に

デーラーのみなさんもあらためて気づいたようでした。

「今度、カタログお持ちします!」

そう言ってディーラーをあとにしました(笑)。

どうですか?

きまってるでしょう?

男のロマンが加速します!

Life begins at 40!

Merry Christmas!

10年前の今日

40年生きてきた自分へのご褒美として

ハーレーダビッドソンFLSTCを買いました。

買おう!と思い切った理由は…

中学校時代の親友が

「定年したらバスでアメリカを旅しよう」って

飲んでて…熱く語ったり始めたからなんです。

彼の純粋な夢…

でも…

この先15年、20年働いて叶える夢が…

アメリカをバスで旅をすること?

なんか…自分には…

そんなに待ってなんかいられないよ!

と…感情が爆発しっちゃったんです。

それで…妻にもナイショでハーレーを買ってしまいました。

その後、妻とは色々ありましたが…(涙)

GAOさんと親しくさせてもらうようになり、

メチャメチャインスパイアーされ…

GAOさんのような、かっこよく遊ぶ大人が増えないと

日本は成熟した大人の国じゃないんじゃない?

そんなことを感じて…

GAOさんのマネをして

自分もアメリカをハーレーで旅するようになりました。

このブログでも

アメリカで出会った風景をお届けしようと思っています。

読んでくださる方々の仕事に疲れた時の、

心のオアシスになればと思います。

温かい目で…よろしくお願いします。

Life begins at 40!

画像

Merry Christmas!

10年前の今日

40年生きてきた自分へのご褒美として

ハーレーダビッドソンFLSTCを買いました。

買おう!と思い切った理由は…

中学校時代の親友が

「定年したらバスでアメリカを旅しよう」って

飲んでて…熱く語ったり始めたからなんです。

彼の純粋な夢…

でも…

この先15年、20年働いて叶える夢が…

アメリカをバスで旅をすること?

なんか…自分には…

そんなに待ってなんかいられないよ!

と…感情が爆発しっちゃったんです。

それで…妻にもナイショでハーレーを買ってしまいました。

その後、妻とは色々ありましたが…(涙)

GAOさんと親しくさせてもらうようになり、

メチャメチャインスパイアーされ…

GAOさんのような、かっこよく遊ぶ大人が増えないと

日本は成熟した大人の国じゃないんじゃない?

そんなことを感じて…

GAOさんのマネをして

自分もアメリカをハーレーで旅するようになりました。

このブログでも

アメリカで出会った風景をお届けしようと思っています。

読んでくださる方々の仕事に疲れた時の、

心のオアシスになればと思います。

温かい目で…よろしくお願いします。

このアーカイブについて

このページには、2009年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2010年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0