TOP > CAR > オーテックジャパン、ライダー&ライダー高...

HEADLINE

新着記事

CARオーテックジャパン、ライダー&ライダー高性能シリーズ体験記 その2

2011.11.18

メインビジュアル

 大磯ロングビーチをメイン会場として開催されたオーテックジャパンのプレス試乗会。そこで試乗した「ライダー高性能シリーズ」の中から今回はセレナのインプレッションを、本誌 鈴木洋一がお届けする。

ファクトリーカスタムの魅力、セレナ「ライダーパフォーマンススペック」の場合。

写真

リアバンパーはライダー専用装備。スポーツマフラーも専用で、HKS製

写真

フロントグリル、バンパーグリル、ヘッドライトフィニッシャーは、ライダー専用

写真

走り去る後ろ姿に、さりげなく輝く「ライダーパフォーマンススペック」のエンブレムがカスタムの証

 オーテックのファクトリーカスタムを代表するブランド「ライダーシリーズ」には見た目のカスタムだけでなく、高次元の走りを実現するチューニングまでも施された「ライダー高性能シリーズ」がある。前回はフラッグシップのエルグランド「ライダーハイパフォーマンススペック」の試乗レポートをお届けしたが、今回はセレナ「ライダーパフォーマンススペック」の車両概要と公道試乗レポートだ。

 セレナ「パフォーマンススペック」は、セレナ2WD/MR20DD/ 20Xをベースに、ヤマハ製パフォーマンスダンパー、チューンドサスペンションの装着、VDC(ビークル・ダイナミクス・コントロール/横滑り防止機構)の再セッティングなど「高性能シリーズ」仕様のボディチューンを施している。高速性能と快適性の向上を目指し、ホイールを標準の16インチから17インチ×6.5Jにインチアップし、タイヤはヨコハマのフラッグシップ、ヨコハマアドバンスポーツ205/50ZR17 93Yを装着。これだけ充実のカスタムが施されていて車輌販売価格は、消費税込みで291万9,000円(標準車:233万1,000円)。その上、「環境対応車普及促進税制」による減税措置に適合し、自動車取得税と自動車重量税が75%減税されるという。

ロードインプレッション

写真

中央に見えるのがパフォーマンスダンパー(以下PD)。セレナは、フロントサスペンションメンバー取付部にPDを装着している

写真

PDは減衰力のバリエーションが13段階用意されており、取り付ける場所によっても効果が変化する。無限の組み合わせの中から最も効果的な減衰力と取付位置を探し出すために、何度もテストを繰り返したと言う

写真

車内のスペースを全く損なうことなく、効果的なボディチューニングがなされているので、運転席もゆったりと余裕がある。ピラーがトライアングルになっていたりと、視界を少しでも広く取ろうとする配慮が嬉しい

 セレナ「ライダーパフォーマンススペック」の試乗時間はたっぷり70分。出発地点の大磯ロングビーチから西湘バイパスを通って、箱根ターンパイクの大観山まで往復することにした。西湘バイパスでの高速巡航は快適そのもの。エンジンパワーは108kW(147ps)/5,600と、エルグランド「ライダーハイパフォーマンススペック」(300馬力!)に乗った後だとやや非力にも感じたが、総重量はエルグランドの2,455kgに対し2,090と、350kg以上も軽いし、無段変速のCVTの恩恵もあって加速はスムーズだ。
 上り坂やワインディングでの実力は如何に、と箱根ターンパイクへ突入。登坂力は申し分ないし、ハンドリングも軽快。チューンドサスペンションと高性能タイヤのお陰か、路面に吸い付くようで車体はぶれず、峠道も楽しく走れる。思わずモーターサイクルに乗っている時のように攻めたくなってしまう。でもここは冷静に、背後から迫るリッターバイクに道を譲り、気持ちを落ち着けてドライブ。紅葉には少し早かったが、秋めいてきた箱根の景色を横目に、ミニバンでの峠越えを楽しんだ。
 復路に入り運転をGAOと交代、試しに後部座席に座ってみた。するとこのクルマの弱点に気付いてしまった。パッセンジャーカーとしては意外なほどに大きい振動が気になるのだ。運転席と助手席は快適だが、後部座席には路面からのゴツゴツとした突き上げるような感覚が伝わってくる。サスペンション設定の問題だと思うが、さらなる改善を期待したい。

 ぐいぐい前進していくエルグランド「ライダーハイパフォーマンススペック」とは違い、セレナ「ライダーパフォーマンススペック」はスーッと滑らかに前へと進んでいく感じ。エルグランドは豪快、セレナは軽快。一般道も高速も峠道も軽やかに走りたい向きには、セレナ「ライダーパフォーマンススペック」はお薦めである。

 

オーテックジャパン、ライダー&ライダー高性能シリーズ体験記 その1 エルグランド「ライダーハイパフォーマンススペック」はこちらから

photo: Gao Nishikawa
text: Yoichi Suzuki
special thanks:
AUTECH(0120-116-527 /www.autech.co.jp

PAGE TOP