TOP > MOTORCYCLE > インタビュー:2りんかんのプライベートブ...

HEADLINE

新着記事

MOTORCYCLEインタビュー:2りんかんのプライベートブランドについて本部マーチャンダイザーに聞いた!

2014.05.22

メインビジュアル

PB=プライベートブランドは、コンビニやスーパーマーケット、百貨店だけの専売特許ではない。バイクパーツや用品の販売を手がける「2りんかん」も20年以上前からPBの展開を行っている。2りんかんの本部MD(マーチャンダイザー)であり商品企画開発も担当する藤松誠さんに2りんかんのPBについて聞いた。

NBに負けないプライスとクオリティーを

写真

グラスファイバー帽体を採用。軽量ながら本格的なフルフェイスモデル。 モーターヘッド・フェザー(グラフィックモデル/ホワイト×レッド)税込19,800円

写真

肘/肩/背面パッド標準装備したメッシュジャケット。 モーターヘッド・エアースルージャケット(アイボリー&ブラック):税込10,778円 モーターヘッド・メッシュライディングジャケット(グリーン):税込17,064円 胸部プロテクターのプレゼントキャンペーン実施中!

写真

膝プロテクター用のポケットを内蔵、あのエドウィンとのコラボレーションにより生まれたジーンズ。 エドウィン×モーターヘッド・ジーンズ:税込9,936円

「2りんかんのPBは、20年ほど前『ラファール』という名前でスタート、当初は革製のツナギやレーシングブーツなどが中心の展開でした。お客様に近い立場の我々ならではの『より買いやすい価格帯の商品を提供したい』という思いが、PBの開発・展開の原動力です。」販売の最前線で店長まで務め、2010年からはバイヤーとして、またPB商品の企画開発を担当する藤松さんは語る。アルバイトを経てスタッフとなり、20年以上も2りんかんとともに歩んできたベテランだ。
「2006年頃にはヘルメットもラインナップ、展開中の『モーターヘッド』ブランドは'09年にスタート、NB(=ナショナルブランド/専業メーカー製商品)に負けないプライスとクオリティーを標榜しています。」バッグ、小物、バイクカバーやロックなども加わり、2りんかんのPBはますます拡大充実している。
「特にヘルメットには力を入れており、ハーフタイプからフルフェイス、システムヘルメットまで、全領域をカバー。SG/JIS規格適合はもちろん、フルフェイスではMFJ公認モデルもリリースしています。さらに高い機能性を備えた軽量なフルフェイスも開発中。カーボン製の帽体はもちろん内装など見えないところにもこだわっています。もちろんリーズナブルプライスも追求していきます!」

写真

シューズメーカーとのコラボにより生まれた、透湿防水素材を採用のライディングシューズ。 モーターヘッド・防水ライディングシューズ(ブラック×グリーン):税込13,165円

ただ安いだけでなく、バイク乗りの気持ちをよく理解したMDが、ユーザー目線で企画したプロダクツたち。2りんかんのPB商品に注目してみて欲しい。

取材協力:
和光2りんかん
http://driverstand.com

PAGE TOP