TOP > ALL GENRE > トレーラービレッジ 大窪正和氏とともに、...

HEADLINE

新着記事

ALL GENREトレーラービレッジ 大窪正和氏とともに、AIRSTREAM(エアストリーム) & キャンピングトレーラーでアメリカンライフスタイルを実践!その1

2011.07.11

メインビジュアル

 ON THE ROAD MAGAZINE読者ならキャンピングトレーラーと聞いて「エアストリーム!」と答える貴兄も多いのでは?実際「独特のフォルムや無塗装のアルミの質感がたまらない!」という会話をしばしば耳にするし、筆者自身「いつかチャンスがあれば…」と考えたことも一度や二度ではない。
 そこでキャンピングトレーラーの達人にご登場頂き、その魅力を分析、さらにキャンピングトレーラーとともにある生活を実践するためのあれこれを、学んでいこうと思う。

憧れを現実にする

写真

エアストリームは『バグダッドカフェ』、ジョニー・デップ主演の『ギルバート・グレイプ』、C・イーストウッド監督の『パーフェクトワールド』など数々の映画でも重要な役割を担う名脇役として登場、アメリカでも憧れの対象なのだ。(illustration by GAO)/下は三郷にあるトレーラービレッジ。この建家も大窪氏とスタッフにより作られたもの。ユニークなアイデアが生まれる夢創造ファクトリーだ!

写真

1964年製 Globe Trotter Airstream(上)と1955年製 Bubble Airstreamはラインナップ中でもベーシックなサイズ

写真

写真上の1968年製 Overlander Airstreamは大窪氏がキャンペーンに活用している大きなモデル。下の1963年製 Bmbi Airstreamはヴィンテージの代名詞、日本ではコンパクトなことでも人気

 憧れのエアストリームをはじめ、キャンピングトレーラーを手に入れるにしても、日本の道路事情ではアメリカと同じような使い方をするにはそれなりの心の準備が必要なのは言うまでもない。しかし、例えば趣味の部屋として、別荘として、あるいはバイクガレージとして、憧れのエアストリームと暮らすなんていうシチュエーション、堪らないではないか。
 では実際にキャンピングトレーラーが欲しい!と思った時に、イメージするのはどんなことだろう。日本で登録出来るのか?目的地までの牽引は?住んだり別荘にするにはどんな手続きが必要か?流通相場は?そもそもどこで売ってるんだ?等々…。
 そこで今回から数回に渡り、キャンピングトレーラーを基軸にしたアウトドア・ビジネスの達人、トレーラービレッジ代表の大窪正和氏を指南役にお迎えし、キャンピングトレーラーについてのご紹介を頂きながら、その魅力に触れてみようと思う。これを読めばエアストリーム&キャンピングトレーラーのある生活が一歩近付くハズ!?

★★★急告★★★
エアストリームに触れるチャンス!
 7月17日(日)、ハーレーダビッドソン昭和の森『サマーカーニバル with ON THE ROAD MAGAZINE』にエアストリームが登場!

エアストリームを知る

写真

写真上のIKEAのキャンペーンに使用されたエアストリームも大窪氏が製作、キャラバンの運行もトレーラービレッジで行った。他にもティンバーランド(下)やGAP kids、最近では輸入化粧品『ベア・ミネラル』のキャンペーンにエアストリームを製作・提供している

写真

トレーラーのモディファイ、実例をご紹介。上はCafé仕様にモディファイされたエアストリームの内装。下は青山通りでフラワーショップになった例

写真

上は移動販売カレー屋さん。下のレトロモダンなバー仕様のエアストリームは7月17日開催のハーレーダビッドソン昭和の森サマーカーニバルで展示予定

AIRSTREAMとは?
 アメリカのクルマ文化、旅する文化が生んだ動くリビングとも言えるキャンピングトレーラー。中でも1930年代生まれのエアストリームは、航空機の設計にヒントを得て、骨格にアルミ・プレートをリベット止め、空気抵抗に優れた流線型のフォルムが唯一無二の存在。世界中に多くのファンを持ち、現在も基本的なフォルムを変えずに生産が続けられ高い人気を誇る。旧いモデルを愛好するオーナーも多く、アメリカ車やハーレーにも通じる魅力があると言えよう。

トレーラービレッジとは?
 大窪正和氏が創業して30年、キャンピングトレーラー輸入販売にとどまらず、移動や設置、使用目的別のカスタム、さらにリゾートとしてのトレーラーの可能性も追求。企業のプロモーションにエアストリームを活用している唯一無二の企業でもある。


お問合せ:
株式会社トレーラービレッジ
埼玉県三郷市彦倉 2-30-1
Tel: 048-954-6420
E-mail: rvlw@mfi.or.jp
http://t-village.co.jp

★★★急告★★★
エアストリームに触れるチャンス!
 7月17日(日)、ハーレーダビッドソン昭和の森『サマーカーニバル with ON THE ROAD MAGAZINE』にエアストリームが登場!
 トレーラービレッジが内装をモディファイしたエアストリームを展示、自由にご覧頂けます。代表の大窪氏も参加、この機会に憧れのエアストリームについていろいろ質問してみては?
イベントインフォメーションはこちら。

photo: Trailer Village, Gao Nishikawa
illustration&text: Gao Nishikawa

PAGE TOP