TOP > CAR > From Los Angeles ガレー...

HEADLINE

新着記事

CARFrom Los Angeles ガレージでJEEPをリペイント!

2011.06.28

メインビジュアル

こんにちは、From L.A.コラムのyoshi asoです。今回は僕のプライベート・カーのお話しです。中古で購入した際にマットブラックにペイントしたジープラングラーを新たにカリフォルニアイエローにリペイントしました。そのワケと経過などをクローズアップしたいと思います。素人のチープな自家塗装ですが、友人たちにも好評、街でも声をかけられたりと、我ながら上出来かなと満足しています。

ペイントを探してPepBoysをハシゴ…

写真

パッと見はいいけれど、あちこち塗装の劣化が目立つ愛車のビフォアー状態。ボンネット上のステッカーも直射日光で剥がれたりボロボロになってしまうほど、西海岸の日差しは過酷、クルマの大敵だ

写真

今回使用したマテリアル。それぞれ12本ずつと意外と多量のペイントが必要だったが、写真上のスプレーサポートが優れもので、スプレー上部に取り付けるだけでエアブラシと同様に均等に正確な噴射ペイント作業ができる。ちなみに5ドル弱也

写真

プライマー状態の写真を撮り忘れてしまったが、こんな感じではずせるところは全部テイクオフして丁寧にペイントした。夜はこんな感じでガレージ内に保管

 

 すでに20万マイル(32万km)を走破している僕の愛車、ジープラングラーですが、ボロボロだったボディーを自家塗装でマットブラックにペイントしたのが1年前のこと。何しろ距離を走るカリフォルニアだけに、フリーウェイでの飛び石や虫の付着などはもちろん、毎日の強烈な日差しで目に見えて劣化している状況でした。もはや洗車などではどうにもならず、まだまだ乗り続けるためにショップに相談に行きました。

 アメリカのペイントショップの中で最もチープだと噂の“1DAYペイント”では1週間預けて(実は1Dayではなかった)見積もりが900ドル。確かに安いのですが、僕のクルマはジープ、ラフに楽しめるのも魅力のひとつ、材料を買って自分でD.I.Y.すればもっとチープだ!ということで、やってみようじゃないかと思い立ちました。

 まずは道具を買いにオートショップへ。チョイスしたカラーはカリフォルニアイエロー、少しだけレッドが混じったスクールバスに近い色で、まずはスプレー缶を7本、それに下地のプライマーやウレタンクリア、ペーパーやすりなどを購入しました。

 ルーフがないのでこれで充分足りると思いきや、グレーのプライマーを使用してもカリフォルニアイエローのペイントが足りず、それを求めてオートショップを5~6軒もはしごすることになってしまいました。ちなみにこのペイント、『PepBoys』(アメリカ大手のオートパーツ専門チェーン店)にしかなく、探すだけで2日もかかってしまいました…。


自宅ガレージでできちゃうオールペイント

写真

今までのブラックカラーより見栄えも良く、純正のイエローとは違うカリフォルニアイエローが存在感あり。短期間&低コストながら上出来!

写真

リアはペイント後にスペアタイヤブラケットのリペイントとコーナーガードを装着。ブラック&イエローのコーディネートとした

写真

すでに製造から14年経過しているジープラングラーなれど、機関は絶好調で見た目もバッチリ、僕の97年モデルTJ。まだまだ乗り続けようと思う

 

 手順としてはまず、ボンネット回りをすべてテイクオフ、マスキングとペーパーやすりがけをひたすら行うことから。次は時間をかけてプライマーを数回ペイント。ご存知の通り下地作りは仕上がりを左右する大切な工程です。フロントドア関連やリアゲート回りもはずせる部品をすべて取り外し、マスキングとペーパーがけ、そしてプライマーとなります。僕の場合はフロント、サイド、リアとエリア別に工程を分けて行いました。

 総作業は3日間、朝から晩まででフィニッシュしました。こちらでは街中でペイント途中のクルマと遭遇することがよくありますが、僕もこの3日間の間、つや消しグレーのプライマー状態で買い物などに出かけていました。クルマがないと生活できませんからね。

 ガレージはペイントの臭いが充満、家族からはクレームも出ましたが、楽しみながら作業できたことと、想像以上の仕上がりに大満足!! 近所の友人にも「ジープ、買い替えたの?」と言われるくらいナイスな雰囲気になりました。トータルの材料費は200ドル。“1DAYペイント”ショップの1/4以下でオールペイントができたことに。浮いたコストでバケットシート2脚と1DINのDVDモニターデッキをeBayで、これまた激安でゲットしD.I.Y.装着、かなりのグレードアップを果たした僕の愛車です。

場所と時間は必要になりますが、事情が許せばあなたもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


 

photo&text: Yoshi Aso
http://www.1111garage.com

PAGE TOP