TOP > CAR > GAO NISHIKAWAの週刊イラスト...

HEADLINE

新着記事

CARGAO NISHIKAWAの週刊イラストギャラリーアーカイブ Vol.21

2011.02.03

メインビジュアル

"Flat Nose Compact"
 アメリカ車としてはコンパクトなFRセダン、Ford Falconをベースに作られた初代Econoline E-100はボンネットを持たないボディー形状からFlat Noseなどと呼ばれた。日本では現在でもメジャーないわゆるキャブオーバースタイルは、当時北米で人気の高かったワーゲンバスを意識して設計されたとも言われており、1961年から67年の間生産され、競合であるChryslerにはDodge A-100(1965~1966)が、そしてGMからはChevrolet Corvair(1961~64)といった同様のコンセプトの車種もリリースされている。ボディーバリエーションとしてはバン、パッセンジャーワゴン、そしてこのピックアップトラックがある。Econolineにはストレート6の144cid(約2,400cc)をスタンダードとして、その後170cid(約2,800cc)、240cid(約4,000cc)のエンジンも用意された。アメリカ製のバン、ピックアップと言えば巨大なものばかりが思い浮かぶが、コンパクトにも魅力的なモデルは存在するのだ。


 GAOイラストギャラリーアーカイブ、21回目は2008年11月3日にアップしたイラストとコラムを掲載。
CarTown.jpでは"GAO's Gallery"として隔週でイラストの連載を行っているので、こちらもご覧頂きたい。

中古車検索サイトCarTown.jpはこちらから。
http://www.cartown.jp

illustration & text: Gao Nishikawa



spacial thanks: CarTown.jp

http://www.cartown.jp

PAGE TOP