TOP > CAR > GAO NISHIKAWAの週刊イラスト...

HEADLINE

新着記事

CARGAO NISHIKAWAの週刊イラストギャラリーアーカイブ Vol.30

2011.04.15

メインビジュアル

"The Big Three. Past・Present・Future."
 毎年秋にネバダ州ラスベガスの広大なコンベンション・センターで開催されているアフターマーケット・パーツの見本市、SEMA SHOWは、2006年に開催40周年を迎えた。この記念すべきタイミングの特別企画として、メイン会場を中心に『CELEBRATING AMERICAN MUSCLE PAST-PRESENT-FUTURE』と銘打った新旧マッスルカーの展示が行われた。
 初代マスタングのイメージを色濃く受け継いだ現行マスタングのカスタムカーがフォードをはじめ、多数のブースで展示され目をひく。GMやクライスラーも負けじと当時まだ量産されていなかったニュー・シボレー・カマロやダッジ・チャレンジャーを持ち込んでいた。ご存知の通りこの2台も旧き佳き時代の姿をイメージさせるスタイルで登場、まさにマッスルカー全盛期の再来を予感させるプレゼンテーションに、ワクワクしたものだ。
 もちろん特別企画のタイトル通り、過去の貴重なマッスルカーも多数展示され、ギャラリーの注目を集めていた。今回のイラストはその中の一台、1970年型のDODGE Challenger T/A。SCCA(Sports Car Club of America)が主催するTrans-Amと呼ばれるレース・シリーズに参戦していたレース・カーだ。そもそも無駄だらけの大げさなスタイリングに加え、派手なボディーカラー、取って付けたように巨大なフロントのリップ・スポイラーなどがただ者でない雰囲気を醸し出す。新生チャレンジャーも魅力的だけど、僕はやはりこの時代のチャレンジャーが好きだ。
 そして思うのだ。アメリカン・マッスルの、いやアメリカのビッグ・スリーの過去、現在、そして未来が輝かしいものであり続けて欲しいと。



GAOイラストギャラリーアーカイブ、30回目は2009年1月11日にCarTown.jpの"GAO's Gallery"用に制作したイラストとコラムを掲載した。




GAO NISHIKAWAのイラストギャラリー一覧はこちらから。
GAO's Gallery & Information
http://orm-web.co.jp/headline/gaos.php



CarTown.jpでは"GAO's Gallery"として隔週でイラストの連載を行っているので、こちらもご覧頂きたい。

中古車検索サイトCarTown.jpはこちらから。

http://www.cartown.jp

illustration&text: Gao Nishikawa

PAGE TOP