TOP > CAR > GAO NISHIKAWAの週刊イラスト...

HEADLINE

新着記事

CARGAO NISHIKAWAの週刊イラストギャラリーアーカイブ Vol.31

2011.04.22

メインビジュアル

"From 1946 to Now."
 2003年の9月11日、僕たちはIllinois州のChicagoを出発、Route66を辿って南西に進路をとり、Springfieldという小さな街を走っていた。湿度が高い曇天、今にも泣き出しそうな空を恨めしく思いながら。Route66のロードサインとともにRoad Side Attractionと書かれた看板に誘われて立ち寄ったのは、1946年からここにあるというSEARSという名のガス・ステーション。今はガソリンは売っていないようで、様々なブランドのオイルやガソリンの看板、旧い給油ポンプなどが無数に、かつ無造作に飾られ、土産物を売る小さなショップがあるRoute66の観光スポットになっていた。ここのオーナーらしいツナギを着た老人と、近所の住人と思われるやはり年老いた男性が新聞を眺めながらのんきに世間話をしていた。
 一番目立つ場所に陣取っているブルーのピックアップ・トラックは1950年代初頭のINTERNATIONAL社製。不釣り合いに真新しいライセンスプレートの『66 R KIX』の文字はあの名曲『Route66』の歌詞にちなんだもの、ドアの『Sign Language』は観光客に対して手話で対応出来ることを表しているのだそう。
 まだInterstate44号線が通るより遥か昔、このピックアップがピカピカの新車だった頃のRoute66はさぞ賑やかだったことだろう。しかし今は一日のうちにどれだけの観光客が訪れるのか。平日であるこの日は僕たち以外に尋ねる者もなく、のどか過ぎる時間が流れていた。

GAOイラストギャラリーアーカイブ、31回目は2009年1月18日にCarTown.jpの"GAO's Gallery"用に制作したイラストとコラムを掲載。



GAO NISHIKAWAのイラストギャラリー一覧はこちらから。
GAO's Gallery & Information
http://orm-web.co.jp/headline/gaos.php

CarTown.jpでは"GAO's Gallery"として隔週でイラストの連載を行っているので、こちらもご覧頂きたい。
中古車検索サイトCarTown.jpはこちらから。

http://www.cartown.jp

illustration&text: Gao Nishikawa

PAGE TOP