TOP > CAR > 「マイクロロン・ヒストリー」 レーシング...

HEADLINE

新着記事

CAR「マイクロロン・ヒストリー」 レーシングカーデザイナー 由良拓也氏 スペシャルインタビュー

2014.04.01

メインビジュアル

レーシングカーデザイナーとして数々のマシンを設計、空力・エアロダイナミクスを味方につけて数々の栄冠を手にしてきた由良拓也氏。静岡県御殿場市にあるムーンクラフトに、日本のデザイン、そしてモータースポーツ界の重鎮である由良拓也氏を訪ね、その舞台裏はもちろん、ご自身の愛車や趣味にまつわるお話し、そして由良氏が長年にわたり絶大な信頼をよせているマイクロロンについて、お話しを伺った。

空力デザインのカリスマが信頼をよせるマイクロロン

写真

デザインルームだけでなく、レーシングカーファクトリーや風洞実験室、ドライカーボン製品を作り出す本格的なオートクレープなどの設備をもつムーンクラフト社。由良氏の様々なクリエイティブはここから生まれている。手前は3代目プリウスをベースにした『エアロプリウス・YURASTYLE neo』、奥に見える紺色は2代目ベースのエアロプリウス。この2台で数々の省燃費チャレンジを行ってきた。

写真

由良拓也(ゆら・たくや)東京生まれ。75年のムーンクラフト創設前からレーシングカーデザインを手がける他、クルマはもちろん、様々なカテゴリーのデザインを幅広く手がける。レース活動はもちろん、レース中継の解説者としても活躍中。

写真

上: シェル・マイレージマラソンにレースのノウハウを注ぎ込んだマシンで参戦。エンジンの潤滑はマイクロロンのみでリッター600kmを記録。 下: '96年の全日本ツーリングカー選手権で服部尚貴選手とともに総合優勝したホンダ・アコード。シーケンシャルミッションにマイクロロンが威力を発揮。

 かつてテレビCMに『レーシングカーデザイナー』として登場、以来第一線で活躍を続けるムーンクラフト代表の由良拓也氏。10代から道を究め、紫電、紫電改、富士GCレースマシンなど数々の名車を生み出してきた由良氏の真骨頂は、空力デザインだ。鈴鹿サーキットで「燃料1リットルで何キロ走れるか」をテーマに開催されていた『シェル・マイレッジマラソン』にも'81年の初回から参加。空力性能に優れ軽量なオリジナルマシンを製作、50ccベースのエンジンにも工夫を凝らす。
 「フリクション低減の最終手段、潤滑はオイルではなくマイクロロンのみ。これでリッター600キロも走れたんです!」マイクロロンの凄さを実感した。由良氏がマイクロロン・メタルトリートメントに絶大なる信頼をよせ、公私ともに愛用し続けている根拠の一つだ。フォーミュラやGT、ツーリングカーなどの全日本選手権にも自らのチームで参戦する。
 「手作りの高精度なエンジンは潤滑に工夫しても、違いが出にくい。でもトップフォーミュラのエンジンをマイクロロン処理したら、特に高回転域で効果があるというデータがある。凄いことです。」
 '96年、全日本ツーリングカー選手権でチャンピオンを獲得したホンダ・アコードでは、シーケンシャルミッションに入れたマイクロロンが威力を発揮、「ライバルの同じマシンと比べても体感出来るほど違いました!」と当時を振り返る。
 プライベートな愛車のなかでも今だ話題にのぼるのが80年代のアメリカ製、7リッターV8エンジンを搭載するコブラ。「粗雑な作りのキットカーでしたが、出来が悪い方がマイクロロン効果がよくわかる。ピストンやミッションの騒音が明らかに静かになるのが実感できるのですから。」話しは路上から海上へ。


<メインイラスト>
3代目プリウスをベースにした『エアロプリウス・YURASTYLE neo』と由良氏。基本のボディーにエアロパーツを付加することで、空気抵抗の軽減、リアに流れる空気の整流などを実現。カスタマイズはフェンダーアーチやドアミラーなど細部にも及ぶ。

趣味にも、そして燃費チャレンジにも

写真

上: マイクロロン効果が体感出来たという愛車、コブラ。 下: 愛用のフィッシング・リールにはマイクロロン・アッセンブリールブやプレシジョンオイラーを使用。

写真

上: レース並みに過酷な使用を強いられるボートのホンダ製エンジンにもマイクロロンは必須。 下: '06年~'12年までGT選手権を走った紫電は由良拓也氏の代表作。

写真

上: 2代目ベースの『エアロプリウス・YURASTYLE』での燃費チャレンジのスナップ。手を振るのはaheadマガジンの近藤正純ロバート氏、ステアリングを握るのは由良氏だ。 下: 由良氏が公私ともにあらゆるシーンで信頼をよせているというマイクロロンの商品群。

 「釣りのリールは、投げた時の回転数や、巻く際のトルクがすごく高くて過酷なのです。だからメンテナンス時にマイクロロン・アッセンブリールブが活躍します。それから船。水は空気よりずっと抵抗が大きく、常にスロットルを開放していないと失速する。僕のボートに2基積まれているV6、3.5リッターガソリンエンジンは、巡航時4,000回転、最高速時は6,000回転で常に回っている。この過酷さはレーシングカー並みです。海では何かあったら誰も助けてくれないと思っています。安全、安心のため、マイクロロンを使い続けています。ギアのタッチが良くなるし、オイルがあまり汚れないのも嬉しいですね。」
 由良氏の近況で特筆すべきは、ご自身がデザインしたエアロパーツを装着したプリウスでのさまざまなチャレンジだ。
 「空力を意識したシルエットの2代目プリウスで興味をもったのがきっかけ。乗ってみると、ハイブリッドシステムや空力はもちろん、ドライビングテクニックなど様々な要素で燃費が大きく変動することがわかり、これは耐久レースに通じると思ったら面白くて(笑)。」
 '10年10月『エアロプリウス・YURASTYLE』で、速さと燃費を競う『エコカーカップ2010』に参加。市販空力パーツ装着車クラスで優勝。翌11月は由良氏単独で1,000マイル(1,600キロ)無給油走破を達成。また'11年10月、性能チェックを兼ねた燃費チャレンジを敢行。高速道路中心で1,638キロを走破、平均時速70キロ以上で燃費はリッター36.1キロを達成。
 「このチャレンジでもマイクロロンを使っています。エンジン内部の摩擦・摩耗の軽減は、余分な抵抗の軽減に他ならないですから。余談ですが、普段も乗っているこのプリウス、マイクロロンを入れているとオイルが汚れないんです。日常のアシでもあるので、これは助かりますね(笑)。」
 そのかたわらに、これからもマイクロロンはあり続けることだろう。

photo: Mooncraft, ORM編集部
illustration: Gao Nishikawa
text: Gao Nishikawa
special thanks: Mooncraft(http://www.mooncraft.jp
株式会社協和興材(03-3929-8581/http://www.microlon.co.jp

PAGE TOP