TOP > CAR > NASCAR 2011 日本人ドライバー...

HEADLINE

新着記事

CARNASCAR 2011 日本人ドライバー 尾形明紀 レース速報!

2011.08.22

メインビジュアル

日本人NASCARドライバー尾形明紀が、8月20日(土) ノースカロライナ州 ニュートンにあるHickory Motor Speedwayで開催された『NASCAR WHELEN ALL-AMERICAN SERIES』のLate Model Stock(LMS)クラスに参戦。NASCAR(ストックカー・レーシング)の聖地、ノースカロライナ州シャーロット在住のTetsuroOtsukaが現地から速報をお届け。

日本人NASCARドライバー尾形明紀が今年初参戦!

写真

Stand with Japanを掲げ、TOTO USA, Incのサポートを受けて自らのチームで初参戦となった尾形選手

写真

協力してくれるスタッフと共に、決勝レースに向けてマシンのセッティングをする尾形選手

写真

第4ターンを立ち上がる#83 Akinori Performance Toyota Camry

 日本人唯一の現役NASCARドライバー尾形選手が、ノースカロライナ州 ニュートンにある伝統のレーストラック、Hickory Motor Speedwayで開催された『NASCAR WHELEN ALL-AMERICAN SERIES』のLate Model Stock(LMS)クラスに参戦しました。

 今回のレースは僕も前日のプラクティスからレーストラックに入り尾形選手をサポート。昨年10月以来久しぶりにヒッコリー・モーター・スピードウェイを訪れましたが、アメリカの田舎町にある独特の雰囲気はいつ訪れてもいいものです。ここはその昔、NASCARの最高峰であるカップ戦が行われていたほど、長い歴史をもつレーストラックです。

 尾形選手は今年4月のレースに参戦する予定でしたが、練習走行時のクラッシュで決勝レースに出走することができませんでした。よって今回が実質今シーズン初のレースとなります。しかも今年は昨年までと体制が異なり、自らのチーム「AKINORI PERFORMANCE」を率いて参戦となるだけに、これまで以上に気合が入っている様子でした。

エンジンブローによる無念のリタイヤ

写真

エンジンブローは誰も予期していなかっただけに残念な結果となった

写真

レース後に応援してくれたファンと記念撮影。シャーロットやアトランタに在住するたくさんの日本人が応援に訪れていた

写真

今回得た結果を活かし、次のレースでは上位を狙って戦ってほしい

 前日のプラクティスから徐々にセッティングをつめ、レース前には他のマシンと戦える状態まで仕上げたものの、久々のレースだけに上位を争うにはまだまだ煮詰め切れていない状況でした。レースで走る以上、少しでも上位でフィニッシュすることは重要ですが、その一方で今回は次戦以降のレースに向けて、更にマシンを仕上げて行くことも念頭において走ります。

 決勝レースは前半50Lap、後半50Lapの合計100Lapで行われます。前半と後半の間にセッティングを調整することができますが、予選から決勝レース終了まで、タイヤの変更はできません。レースは開始早々に出走17台中7台が巻き込まれるほどの大きなクラッシュが発生。尾形選手はイン側の芝生の上を走ってうまく回避します。レース再開後は後方で他のマシンとバトルを展開ていましたが、その矢先、マシンが突然スローダウンしてしまいました。そのままピットに向かうも、ピット入り口で大きな白煙をあげてエンジンブロー。残念ながらレース中盤でリタイヤとなってしまいました。

 プラクティス、予選での感触は悪くなかったというだけに、無念のリタイヤとなってしまった尾形選手。レース後のインタビューでは「今回のレースは地元シャーロットや近郊のアトランタから沢山の日本人の応援が来てくれていただけに、エンジンブローはとても残念。コンスタントにレースに出て、ベストな状態で走れるように頑張ります」と無念をにじませながらも次戦に向けての意気込みを語ってくれました。

 僕も今回尾形選手をサポートをしつつ、「他のドライバーと同等に競えるように、少なくとも年間10戦は出走することができればなぁ」と思いながらレース場を後にしました。

 次のレースは9月上旬の予定。もちろんまた現地からレポートします。是非皆さんもアウェイで戦う尾形選手を応援してください!


■尾形明紀選手のブログではコメントと動画をご覧頂けます。
http://ameblo.jp/akinori-nascar/day-20110822.html
 

photo & text: Tetsuro Otsuka

PAGE TOP