TOP > CAR > NASCAR 2011 Report!第...

HEADLINE

新着記事

CARNASCAR 2011 Report!第25戦「ADVOCARE 500」

2011.09.11

メインビジュアル

NASCARのシーズン第25戦はジョージア州にあるアトランタ・モーター・スピードウェイで行われた「ADVOCARE 500」。NASCAR(ストックカー・レーシング)の聖地、ノースカロライナ州シャーロット在住のTetsuroOtsukaが送るモータースポーツコラム。

チェイスまで残り2戦、雨で順延となったアトランタ

写真

雨で順延したにも関わらず曇天の空模様。#4 ケーシー・ケイン、#33クリント・ボウヤーを先頭にレーススタート

写真

序盤#33 クリント・ボウヤーがリードラップを獲得。チェイスに残るためには何としてもトップ5圏内に入る必要がある

写真

前戦のブリストルに続いて好調をキープする#24 ジェフ・ゴードン。#18カイル・ブッシュを追い越してトップに

 NASCAR第25戦の舞台はジョージア州にあるアトランタ・モーター・スピードウェイ。今年から年1回の開催となってしまったアトランタですが、日曜日は熱帯低気圧による雨の影響でレースが延期されました。筆者は現場に取材に行っていたのですが、オフィシャルから6日(火)に開催されることが発表され泣く泣く4日(日)の夜にシャーロットに帰ることに。レースは無事6日に開催されましたが、チェイスまで残り2戦となるだけにボーダーライン付近にいるドライバーの結果が気になるところです。

 今回ポールポジションはケーシー・ケイン(#4 Red Bull Toyota)、フロントローはランキング12位のクリント・ボウヤー(#33 Cheerios / Hamburger Helper Chevrolet)です。前戦ブリストルで12位に後退してしまったクリント・ボウヤーは、チェイス進出にむけて確実に上位でフィニッシュする必要がある重要なレースです。スタート後早々にケーシー・ケインをパスしてリードラップポイントを獲得する好調な滑り出しでした。

 またランキング10位でボーダーラインにいるトニー・スチュワート(#14 Office Depot / Mobil 1 Chevrolet) ですが、今シーズンは優勝していないので、チェイスに進出するには確実に上位でフィニッシュする必要があります。ただこのレースで序盤からトップ争いをしていたのは#14ではなく#24のジェフ・ゴードン(#24 Drive to End Hunger Chevrolet)でした。前戦ブリストルで終始トップを走行していたにも関わらず優勝を逃してしまったのですが、その勢いはアトランタにきても衰えることなく、走りに気迫すら感じるほどでした。

現役ドライバー最多勝利、ジェフ・ゴードンがキャリア85勝目を獲得!

写真

#17 マット・ケンゼスも#24 ジェフ・ゴードンに負けず劣らずトップを走行

写真

#24 ジェフ・ゴードンがチームメイト#48 ジミー・ジョンソンとの接近戦を制して見事今季3勝目を獲得

写真

キャリア85勝目、アトランタでは5回目の優勝となったジェフ・ゴードン。この調子でチェイスも頑張ってほしい

 中盤にジェフ・ゴードンとトップ争いをしていたのは、これまた前戦ブリストルで好調だったマット・ケンゼス(#17 Crown Royal Ford)でした。一時はチームメイトのカール・エドワーズ(#99 Aflac Ford)とワン・ツーで走行します。しかしレースはまたもや雨で中断になってしまいます。ここでトップになったのはスポット参戦のJ.J.・イエリー(#38 Vampt Ford)でした。このまま雨が続けばレース中断で初優勝となったのですが、レースは24分後に再開します。

 レースが終盤に差し掛かったところで、チェイス争いをしているクリント・ボウヤーがファン・パブロ・モントーヤ(#42 Target Chevrolet)と接触してクラッシュしてしまいます。これでガレージ行きとなってしまったクリント・ボウヤーは、チェイス進出が絶望的になってしまったのでした。その後ジミー・ジョンソン(#48 Lowe's / Kobalt Tools Chevrolet)がトップになりジェフ・ゴードンとチームメイト同士のトップ争いを展開します。残り10周を切った時点で2台の差は0.1秒の差になるほどの接近戦。しかしジェフ・ゴードンが猛追するジミー・ジョンソンを見事に封じてキャリア85勝目を獲得したのでした。

 今シーズン3勝目を獲得したジェフ・ゴードンはランキングも5位に浮上し、万全の体制でチェイスをに突入します。またボーダーラインにいたトニー・スチュワートも最後に3位まで追い上げてフィニッシュし、チェイス進出をほぼ確実にしたのでした。ワイルド・カードもランキング11位で3勝あげているブラッド・ケゼロウスキー(#2 Miller Lite Dodge)と、12位で1勝をあげているデニー・ハムリン(#11 Charter Communications Toyota)でほぼ確定となりそうです。

大どんでん返しはあるか?チェイス前の最終戦となるリッチモンドが楽しみ!
 

photo: Getty Images for NASCAR

text: Tetsuro Otsuka

PAGE TOP