TOP > CAR > 秋葉原でレアなミニカーに触れる

HEADLINE

新着記事

CAR秋葉原でレアなミニカーに触れる

2010.06.27

メインビジュアル

2003年のオープン以来、オーナー田中快信氏のチョイスによるレア&コアな品揃えで人気のミニカーショップ、『ギャラリータナカ』。同店で今注目のミニカーを少しだけ紹介!

車種選びが絶妙!

写真

Lincoln Mark VI

写真

Cadillac Seville Elegante

写真

Honda Prelude Mk1

欧米、そして日本車の中でもあまりモデル化されていそうにない絶妙な車種を1/43スケールで少量ずつリリースしているというオランダの『NEO SCALE MODEL』。店頭に多数展示販売されている同ブランドのミニカーの中から3点をご紹介!

■Lincoln Mark VI
フォードが誇る最上級ブランド『リンカーン』が四角く大きかった時代、1980年のマーク・シックス。エッチングによるスポーク・ホイールやエンブレムなど細部まで精密に再現。Cピラーのオーバル・ウインドウやルーフの後ろ半分を被うヴァイナル・レザー、ホワイトリボン・タイヤなどのディテールも泣かせる。これで7,800円は安い!
■Cadillac Seville Elegante
GMの高級セダン『キャデラック』ブランドで1976〜79年にラインナップされていたパーソナルセダンとも言うべきセヴィル。リンカーン同様、アンテナやエンブレムなどディテールまで再現、小さいスケールながらズッシリとした存在感でアメリカ車らしい魅力に満ちた一台も7,800円。
■Honda Prelude Mk1
左ハンドルの1978〜82年型プレリュード、欧州ではマーク1と呼ばれていたらしい。大ヒットした二代目に隠れてマイナーな存在の初期型をわざわざモデル化しているところがこのメーカーのへそ曲がりなところか。アメリカ車に比べ小さいからなのか?の6,800円。他にもMazda 323F(アスティナ!)などユニークな左ハンドル日本車がある!

ミニカーもカスタムの時代!

写真

左:Minichamps製 560 SEL/右:500 SEL AMGカスタム

写真

新旧、洋邦、大小!様々な車種が溢れんばかりの店内は圧巻!

写真

最近はビッグスケールのミニカーが人気上昇中、モーターサイクルにも注目だ!

ミニカーの世界でもカスタム・カーが存在する。といってもここにご紹介する一台は自宅でシコシコ製作したミニカーファンによるカスタム車ではなく、何とメルセデスベンツの公認カスタム・ビルダーによる芸術作品とも言える一台だ!

■Mercedes-Benz 500 SEL AMG
画像右の黒いのが手作りでカスタムされた世界に一台のAMG。左はベースとなったMINICHAMPS社製の量産品、560 SEL。ドイツの職人が一台ずつ丁寧に仕上げているという1/43スケールは多数のエッチングパーツが奢られており、存在感たっぷり。世界中にファンが存在、オーダーしても半年〜一年は待たされることもあるというだけに、仕上げも美しくお値段もゴージャス(要問合せ)。田中氏いわく「少々高価ですが価値の高い逸品です。ドイツまで出向き、ビルダーの方のお宅を訪問、ご本人から直接買い付けしていますので、彼の作品を在庫しているお店は国内でもウチだけかも。カスタムの市場は、実車だけでなくミニカーの世界においても今後成長してゆくでしょう」

ギャラリータナカではビッグスケールから1/43、1/64のミニカーまで、国内外のレアな商品を多数在庫。見ているだけでもワクワクする品揃えだ。
タカラトミーのトミカ・リミテッドや最近人気急上昇中のモーターサイクル・ミニカーもあるので、ORM-web読者にも是非チェックして欲しい。

毎日新商品を更新中のギャラリータナカのショッピングサイトは、イラストレーターGao Nishikawaがトップページのイラストを担当、こちらも必見!
http://gallerytanaka.jp

ギャラリータナカ
千代田区外神田3-1-3 相原ビル1F
TEL&FAX:03-3257-1515
営業時間:
平日13時~20時/土日祝日11時~19時
定休日:木曜

photo&text:Gao Nishikawa

商品に関するお問い合せ
ギャラリータナカ
TEL:03-3257-1515
http://gallerytanaka.jp

PAGE TOP