TOP > MOTORCYCLE > モーターサイクルジャンキーのためのレザー...

HEADLINE

新着記事

MOTORCYCLEモーターサイクルジャンキーのためのレザー・ウォレット。

2011.05.08

メインビジュアル

一目見てその存在感に釘付けになった。もう何年も尻のポケットにロング・ウォレットを入れていなかったが、これはいい、人に見せたい!と思った。久しぶりに「欲しい!」と思える逸品レザー・ウォレットに出会った。

シースをモチーフにしたウォレット

写真

スポーツスターを駆るスタッフの島田氏が愛用しているのはロングウォレットAタイプ(30,450円)

写真

これは使いはじめて一ヶ月ほどの様子。収納されたカードなどの形が分厚いワイルドレザー越しに伺えるその雰囲気はハンドガンを納めるヒップホルスターのよう

写真

キーリング付きベルトループ、6ミリ径の牛レース製ロープが標準装備され、専用の化粧箱も付属する

 モーターサイクルライダー、とりわけハーレー乗りに向けたウエアやエキップメントを数多くラインナップする北関東屈指のショップ、茨城県ひたちなか市の『ラフテール』。特にレザー・アイテムに造詣の深い同店が満を持して送り出す骨太なコンセプトのウォレットが、今回ご紹介するチワウ(Ciwau)レザースのシース(Sheath)シリーズである。シース(ナイフのケース部分)をモチーフにした形状には、尻のポケットに入れて愛車に着座したした際の違和感を最小限に抑える機能も盛り込まれている。ミドルとロング各3タイプ、合計6アイテムのうち4アイテムに装着されているジャーマンシルバーのオリジナル・コンチョには、交通安全に霊験があると言われる九曜紋がさりげなくあしらわれている。

ガン・ホルスターのような存在感

写真

実は一目惚れした筆者もロングウォレットAタイプのブラックを購入し愛用中

写真

大きめのコンチョも存在感抜群、注目の的なのは言うまでもない。チワウレザースのシースシリーズ・ウォレットはブラックとナチュラルの2色、27,300円~30,450円

写真

"Rough Tail Leather Works":日本の鞣しと縫製技術を守り、受け継ぐ、"Madein Japanの誇り"がコンセプト。同ブランドのサドルバッグは今や不動の人気を誇る

 作り手である『ラフテール・レザーワークス』の思いとこだわりがたっぷり詰まったウォレットだが、僕なりに感じるその魅力は、深みのある光沢の栃木レザー製ワイルドレザーと、独特の形状が織りなす、ハンドガンのヒップ・ホルスターのような存在感に尽きる、と断言してしまおう。

商品に関するお問合せ
ラフテール
茨城県ひたちなか市稲田1048-86
029-212-3766
www.roughtail.jp

photo&text: Gao Nishikawa

PAGE TOP