TOP > MOTORCYCLE > Rider's Story『朝倉コーヒー...

HEADLINE

新着記事

MOTORCYCLERider's Story『朝倉コーヒー』第3回

2010.07.02

メインビジュアル

Rider's Story 長篇連載の3回目


前回までのあらすじ...

喫茶店の店主、朝倉綾子は好意を持っていたオートバイで来る男性、桜井と徐々に親しくなっていた。つい、オートバイの後ろに乗せてくれ、と頼んでしまった。彼の表情は固くなった。失敗した。もう、店に来てくれなくなるような気がした。

朝倉コーヒー』第3話 奥さんと一緒

文と写真:武田宗徳

桜井が来た。突然、店のドアのところにいた。オートバイの音も、何の前触れもなく。桜井は革ジャンを着ていなかった。どうやら車で来たようだ。そして、その後ろには一人女性がいた。直感的に奥さんだと思った。二人は、例の二人席に腰を下ろした。
 
注文を受け、コーヒー豆を挽きながら二人を見た。いちゃついていたら嫌だな、と思った。
 
二人は読書をしていた。奥さんは雑誌。桜井は文庫本。はたから見たら、つまらなそうなカップルだろう。
 
しかし、綾子は嫉妬した。お互い自分の好きなことをしていて、気を遣い合わない関係。しかし、一緒の空間にいるという安心感のようなものが漂っている。二人は完全にリラックスしている。桜井の表情もいつもより柔らかだ。綾子は嫉妬した。いちゃつかれるよりも、逆にこの方がこたえる。認めたくはないが、ぴったりの夫婦だ。
 
奥さんが話しかける。桜井は、何だ、と顔を上げる。奥さんが雑誌の写真を見せる。桜井が、ほお、と言う。奥さんがにこりと微笑む。そして、また二人はそれぞれ読書をする。
 
綾子は二人から視線を外した。本当に仲の良い夫婦だ。
 
二人は一時間ほどして、店を出ることにしたようだ。桜井からお金を受け取る。照れ臭そうな笑みがこぼれている。

「ごちそうさまでした。綾子さん」
 
奥さんが言った。ハッとした。名前まで知らないはずだから、桜井から話が出たのだろうか。くやしかった。朝倉コーヒーは、桜井の隠れ家ではなかったのか。綾子の事を奥さんに隠そうとしない桜井に、腹が立った。これが答えなのだろうか。



「こんにちは」
 
コーヒーを落とすのに夢中になっていた綾子は、ハッとして顔を上げた。桜井だった。オートバイの音がなかったことで、綾子は見るまでもなく奥さんも一緒だとわかった。綾子は店員に徹することにした。
 
とはいうものの、桜井は常連さんで何回か会話もしているので、わざとよそよそしくはできない。

「いらっしゃいませ、ご注文は」

「ブレンドの中煎りを二つ」

「いつものですね」

「覚えてくれたんですか」

「さすがに覚えました」

「ふふ」
 
桜井が再び奥さんと二人で来た。複雑だった。桜井はわざと奥さんを連れて来店しているのではないか。綾子は心の中で呟く。
 オートバイの後ろに乗せてと言っただけなのに。桜井は考えすぎだよ。
 
でも、来てくれなくなるよりはましだった。あの時は焦った。たとえ奥さんがいても、桜井が店にいるとなんとなく気分がいい。
「綾子さーん」
 
突然、桜井が奥の二人席から呼んだ。

「豆、間違えてない? いつもより苦いよ」
 
しまった。考え事をしているからだ。ばか。綾子は素直に謝り、コーヒーを入れ直した。

 
桜井はいつも奥さんを連れて店に来るようになった。そして、一時間ほど読書して帰っていく。もう二人の喫茶店になっていた。
でも、桜井のことだ。一人でオートバイに乗って、また別の喫茶店に通っているに違いない。こことは別のどこかで、桜井は一人の空間を満喫しているのだろう。

(第四話に続く)

第一話第二話はこちらから
 

武田宗徳(たけだ・むねのり)
1974年静岡県生まれ。96年よりモーターサイクル(カワサキ・エストレア)に乗りはじめる。2000年頃よりバイク小説を書きはじめ、02年からは自らの小説による手作りのフリーペーパー、『Rider's Story』の編集・発行、静岡県を中心に配布している。GOGGLEやOutRiderなど雑誌への掲載実績も複数、ON THE ROAD MAGAZINE本誌では06年より小説『Rider's Story』を連載。08年、静岡学術出版より新書『バイク小説短編集"Rider's Story"〜僕は、オートバイを選んだ〜』を出版。09年、13年以上乗り続けた愛車エストレアが不動となり、09年モデルの同じエストレアを新しい相棒とする。プライベートは夫であり二人の男の子の父。現在静岡県藤枝市を拠点に活動中。
ホームページ:http://www.geocities.jp/mjy_t
ブログ『Rider's Life』:http://www.orm-web.co.jp/blog/riders_life



Rider's Story on ORM-web
『自由へ至る』/1話〜20話

01020304050607080910
11121314151617181920

PAGE TOP