TOP > MOTORCYCLE > Rider's Story 『娘から父へ...

HEADLINE

新着記事

MOTORCYCLERider's Story 『娘から父への手紙』

2011.02.02

静岡在住の小説家、武田宗徳がお届けする"Rider's Story"

写真


文と写真:武田 宗徳

 妻がどうしても見たい映画があるというので、車で町へ出た。
 家を出るのが遅かったというのもあって、見終わって映画館から出たときには、すでに日が斜めになっていた。妻に気づかれないように、私は何度も腕時計に目をやっていた。いや、おそらく妻は気づいていたと思う。久しぶりのいわゆる、夫婦のお出かけ、だというのに申し訳ない気持ちはある。だが、私は日が落ちる前に家に帰りたかった。休日は必ずオートバイに乗るようにしている。今日は、まだ乗っていない。ほんの少しの時間でもいい。日の出ているうちにオートバイに乗りたかった。
 家に到着したのは、午後八時近かった。映画の後、妻のウインドウショッピングに付き合わされたからだ。たまにはこんな日があってもいいじゃない、と妻に強く押し切られ、私は断れなかった。たまにはこういう日もいいじゃないか、と私は無理やり自分に言い聞かせた。
「あなた、昨日ポスト見てないでしょ」
「あ、見るの忘れた」
「何か手紙が来てる。あなた宛よ」
 私は手紙を受け取り、差出人を見て少し驚いたが、うれしかった。いやなことがあれば、そのぶん良いこともある。どこかでバランスが取れているのだな、と私は一人で納得していた。家に入ると、私は手紙を持ってそそくさと二階へ上がった。
 東京で仕事をしている娘からの手紙だった。いつもは電話で用件を言うだけの娘だ。その電話も、いつも妻が相手をする。私が電話に出ても、お母さんに代わって、と言われてしまう。手紙の宛名は間違いなく、妻ではなく私。私は、これは特別な手紙に違いないと思った。何が書かれているのか。私は多少緊張しながら、封を開けた。

 お父さんへ
 お元気ですか。相変わらずオートバイに乗っているのですか。寒くなってきたので、暖かくして乗るようにね。
 実は私、後悔しています。お父さんは私に何度か、オートバイの後ろに乗らないか、と言ってくれたけど、私は、絶対いや、と断っていたよね。そのことを、後悔しています。最近、オートバイの後ろに乗ったのですが、風を切って走る感覚は新鮮で最高に気持ちよかったよ。
 お父さんは、自分が男だからかもしれないけど、小さい頃から私に男の子の遊びを教えてくれてたよね。サッカーやキャッチボール、プラモデルとかね。私は幼心に、お父さんは男の子が欲しかったんじゃないかって思って……。だから、物心ついた頃から反抗してオートバイには絶対乗らないようにしてたの。女の子らしくいようって思ったの。だって私は女の子だからね。
 でも、最近は考えが変わってきました。女の子らしくから、私らしくと思うようになった。女という基準で判断していたのが、私という基準になったの。そうなったとき、お父さんが夢中になっているオートバイという乗り物に純粋に興味が湧いてきました。オートバイの後ろに乗せてもらった、と書いたけど乗せてくれたのは男の人です。会社の後輩だけど、中途で入社したから一つ年上。二人で教習所に通っています。彼は大型二輪、私は普通二輪。大変だけど頑張って免許取ります。いつか一緒にツーリングする日を楽しみにしています。そのときはまた連絡します。ではお元気で。 真奈美
 P・S 近いうちに彼を紹介したいと思います。

 私は手紙をしまうと、革ジャンを羽織り、ヘルメットを持って外へ出た。夜に乗ることは滅多にないオートバイに、今日は特別に乗ることにした。
 気持ちの整理をつけるために。

写真

武田宗徳(たけだ・むねのり)

 1974年静岡県生まれ。96年よりモーターサイクル(カワサキ・エストレア)に乗りはじめる。2000年頃よりバイク小説を書きはじめ、02年からは自らの小説による手作りのフリーペーパー、『Rider's Story』の編集・発行、静岡県を中心に配布している。GOGGLEやOutRiderなど雑誌への掲載実績も複数、ON THE ROAD MAGAZINE本誌では06年より小説『Rider's Story』を連載。08年、静岡学術出版より新書『バイク小説短編集"Rider's Story"~僕は、オートバイを選んだ~』を出版。09年、13年以上乗り続けた愛車エストレアが不動となり、09年モデルの同じエストレアを新しい相棒とする。プライベートは夫であり二人の男の子の父。現在静岡県藤枝市を拠点に活動中。



ホームページ:http://www.geocities.jp/mjy_t



ブログ『Rider's Life』:http://www.orm-web.co.jp/blog/riders_life

PAGE TOP