TOP > MOTORCYCLE > Rider's Story 『故郷へ』

HEADLINE

新着記事

MOTORCYCLERider's Story 『故郷へ』

2010.10.27

メインビジュアル

静岡在住の小説家、武田宗徳がお届けする"Rider's Story"

文:武田 宗徳

「たまには帰って来い」
 突然の親父からの電話。八年ぶりだった。
 俺は今オートバイで東名高速用賀料金所へ向かっている。
 
 実家からの電話は滅多になく、たまにあったとしてもそれは母親からだった。親父と直接話すのは、実に八年ぶりだった。八年前の二十歳のとき、俺は地元静岡の大学を中退して漫画家になるために上京した。その時、親父はこう言った。
「二度と家の敷居をまたぐな」
 ようするに勘当されたのだ。俺はその言葉を素直に受け止め、東京という街で一人やってきた。つらいこともたくさんあったが、こちらから実家へ連絡を取ることは一度もなかった。意地でも漫画家になって、いつかは親父に認められようと一生懸命だった。
 俺はわかっていた。昔、親父がギターを弾きながら「若い頃、ミュージシャンになりたかったんだ」と話してくれたことがあった。親父は挫折の苦しみを知っているのだ。俺にその苦しみを味合わせたくなかったのだ。だから漫画家になることに反対したのだ。
 そして、八年経った今、親父から突然のこの電話。漫画家として軌道に乗り始めていた俺を、ようやく認めてくれたのだろうか。俺は許されるなら親父に会いたいといつも思っていた。
 親父にもうすぐ会える。そう思うと自然と目頭が熱くなった。
 海老名サービスエリアへ寄る。手土産の一つでも買っていってやろう。親父は甘いものが好きだっただろうか。
 駐輪場に戻る。俺の帰りを待っていた愛車はGB250クラブマン。大学入学当初から乗っていて、新車で購入して十年になる。親父はどう思うだろうか。「大事に乗っているな」と感心するだろうか。「まだ乗っているのか」とあきれるだろうか。
 再び時速100キロの世界に戻る。東京から伊豆、箱根まではオートバイでよく遊びに来てはいたが、それより西には行かなかった。今日は八年ぶりに箱根より西へ行くのだ。
 親父と話したいことはたくさんある。まず一つは漫画雑誌での連載が決定したこと。親父に言ったら複雑な気持ちになるかもしれない。親父としては俺に漫画家をあきらめて欲しがっているはずだから。しかし、連載が決まったと聞けば、それはそれで応援してくれるかもしれない。
 もう一つは、紹介したい女性がいること。びっくりするかもしれない。結婚はまだ早いと反対されるだろうか。漫画家という不安定な職業での結婚は親父を心配させてしまうかもしれない。
 懐かしい見慣れた景色があらわれ始めた。何かあたたかいものに包まれていくような安心感がある。
 ああ、帰ってきたんだ。
 東京での張り詰めていた日々から解き放たれるようだ。大学に通っていた頃、実家から伊豆や箱根へツーリングに行くとき、ここをよく通った。海沿いを走るここは由比だ。トイレしかないパーキングがある。
 親父が急に老け込んでいたらどうしようか。禿げ上がったり、白髪が増えたりしてはいないだろうか。いつもの座椅子に座って、元気でいるだろうか。機嫌はいいだろうか、悪いだろうか。
 俺を許してくれるだろうか。
 いろいろ考えていたら、急に緊張してきてしまった。インターを降りてまっすぐ家へ向かうのをやめようか。よく通っていた喫茶店に寄っていこうか。マスターとも久しぶりだ。
 そうと決めたら気分が落ち着いた。追い越し車線へ移り大型トラックを追い抜かした。右手に力を入れ、さらにアクセルを開けた。
 さきほど流れていた涙は、もう乾いていた。
 おわり


武田宗徳(たけだ・むねのり)


 1974年静岡県生まれ。96年よりモーターサイクル(カワサキ・エストレア)に乗りはじめる。2000年頃よりバイク小説を書きはじめ、02年からは自らの小説による手作りのフリーペーパー、『Rider's Story』の編集・発行、静岡県を中心に配布している。GOGGLEやOutRiderなど雑誌への掲載実績も複数、ON THE ROAD MAGAZINE本誌では06年より小説『Rider's Story』を連載。08年、静岡学術出版より新書『バイク小説短編集"Rider's Story"~僕は、オートバイを選んだ~』を出版。09年、13年以上乗り続けた愛車エストレアが不動となり、09年モデルの同じエストレアを新しい相棒とする。プライベートは夫であり二人の男の子の父。現在静岡県藤枝市を拠点に活動中。




ホームページ:http://www.geocities.jp/mjy_t



ブログ『Rider's Life』:http://www.orm-web.co.jp/blog/riders_life

PAGE TOP