TOP > MOTORCYCLE > Rider's Story on ORM...

HEADLINE

新着記事

MOTORCYCLERider's Story on ORM-web 連載スタート!

2010.03.07

メインビジュアル

ON THE ROAD MAGAZINE本誌の連載でもお馴染み、静岡在住のバイク小説家、武田宗徳によるオリジナルストーリーがORM-webに登場!ORMでははじめての長篇連載がスタート。

『自由へ至る』 第1話 Café Sea & Sky

文と写真:武田宗徳


断崖絶壁の海沿いを通る細い道路を、一台のオートバイが走っている。右手に太平洋が広がっている。冬の澄んだ冷たい大気に、突き刺さるような日差しがまぶしい。

ヘルメットが左右に動いている。何かを探しながら、走っているようだ。

崖が続いているが、その間に、小さな浜辺のある集落がある。そこへ入っていける道が、先ほどの細い道路から出ている。オートバイはその道へ折れた。その交差点の角に、「Café Sea & Sky」という小さな看板が出ていた。
集落へ降りるずっと手前にある「Café Sea & Sky」の駐車場にオートバイは停まった。駐車場から、背の高い雑草越しに断崖絶壁と海が見える。低い日差しに照らされて、海が光っている。きっと、この喫茶店の中からの眺めは最高なのだろう、とオートバイの乗り手である土屋健次郎は思った。

健次郎は、以前からこの喫茶店が気になっていたが、いつもは通り過ぎてしまっていた。今回、初めてこの喫茶店に寄ることにした。

真っ白い建物の真っ白い扉を、健次郎は少しだけ緊張して開けた。

チリン、と扉の鈴が鳴った。足元が、一般の家の玄関のように、すぐ一段高くなっていて、健次郎は靴を脱ぐべきか迷った。
「そのままでお上がりください」

奥から、品のある女性の声が聞こえた。健次郎は落ち着きを取り戻した。そして、少しおかしく思った。あの女性は、いつもあのセリフを言っているのではないか、と思ったからだ。健次郎は、店の中へ入っていった。

現代美術といったら大げさだろうか。理解しがたい絵やオブジェが壁に飾られている。奥へ進む。すると目の前は、一面ガラス張り。窓の向こうにはどこまでも続く海が見える。断崖絶壁と、それに当たって砕け散っている波も見える。

内装は白を基調とした家具で統一されていた。壁も、先ほどのアートも白が基調になっていた。それが、青い海と、青い空に絶妙にマッチしている。

窓側の一番景色のいい席に落ち着く。客は誰もいないので、席はどこでも座れた。

革ジャンを脱いで、椅子にかけた。

「いらっしゃいませ」

先ほどの声の女性が、健次郎のテーブルに水の入ったグラスを置いて、言った。まだ三十代だろうか。それとも四十代前半くらいだろうか。ほっそりとしていて背もわりと高く、さりげない色気のようなものが漂っている。足首まである丈の長いタイトなスカートをはいていた。

「ホットコーヒーをください」

健次郎は、メニューも見ずに言った。

「かしこまりました」

やさしい言い方だった。堅苦しい感じは何もなかった。彼女はすっと奥へ戻っていった。動きが滑らかでまさに、すっと、という表現が合っている。彼女の残り香だろうか。ほんのりと清潔感のある甘い香りが漂ってきた。

健次郎は、イージーライダーのポストカードと、茶色の水性ペンをヒップバッグから取り出した。健次郎は、喫茶店でポストカードを書くことが多い。愛用のヒップバッグには、いつもペンとそれが入っている。用事も報告も特になく、ただ、だらだらと文章を書いて適当な友達に送りつけるのだ。

もらう側は、もしかすると迷惑しているのかもしれない。大体、男からもらっても何もうれしくないだろう。

そう考えて、健次郎は女友達の日菜子にポストカードを書くことにした。

コーヒーが運ばれてきた。何も置かれていなかった小さな丸いテーブルの上に、コーヒーとシュガーポットと小さなミルクピッチャーが置かれた。健次郎はスペースをつくり、ここの喫茶店のことなど、どうでもいい文章をポストカードに書いてから、ゆっくりとコーヒーを味わった。

(第二話に続く)



武田宗徳(たけだ・むねのり)
1974年静岡県生まれ。96年よりモーターサイクル(カワサキ・エストレア)に乗りはじめる。2000年頃よりバイク小説を書きはじめ、02年からは自らの小説による手作りのフリーペーパー、『Rider's Story』の編集・発行、静岡県を中心に配布している。GOGGLEやOutRiderなど雑誌への掲載実績も複数、ON THE ROAD MAGAZINE本誌では06年より小説『Rider's Story』を連載。08年、静岡学術出版より新書『バイク小説短編集"Rider's Story"〜僕は、オートバイを選んだ〜』を出版。09年、13年以上乗り続けた愛車エストレアが不動となり、09年モデルの同じエストレアを新しい相棒とする。プライベートは夫であり二人の男の子の父。現在静岡県藤枝市を拠点に活動中。
ホームページ:http://www.geocities.jp/mjy_t
ブログ『Rider's Life』:http://www.orm-web.co.jp/blog/riders_life

PAGE TOP