TOP > MOTORCYCLE > Rider's Story on ORM...

HEADLINE

新着記事

MOTORCYCLERider's Story on ORM-web第10回

2010.04.25

メインビジュアル

Rider's Story 長篇連載の10回目


前回までのあらすじ...
土屋健次郎のバンドのファンであり、親しい女友達の日菜子が自分に気があることを知った。同時にバンドのドラムのタカオが日菜子のことを好きなことも知った。一方で健次郎は、海沿いのカフェの店主、林涼子の意味深な発言に嫌な予感がしていた。

『自由へ至る 』 第10話 レスポール

文と写真:武田宗徳

ライブまで二週間を切った。いつも定期的にやっているライブは対バン形式が主であるが、今度のライブはめったに無い単独ライブだった。スタジオでの練習があと二回しかないので、今日はいつもより神経質になっていた。
 
健次郎が黒いレスポールモデルのギターを弾きながら気持ちよく歌っている。ドラムのタカオはいつもよりスネアを叩く手に力が入っている。ベースのユウジは相変わらず左右に揺れながら、淡々としている。そして、一番盛り上がるサビの部分へ突入しようとした時だった。
健次郎はギターを弾くのも、歌を歌うのもやめてしまった。それにつられて、ドラムとベースの音も止まった。健次郎が口を開いた。

「タカオ。サビの前の部分、できてねえじゃんか」

「どこ?」

「スローにって言っただろ」

「……俺さ、嫌いなんだよ。そういう感じ」

「頼むから。スローな感じでやってくれよ」

「……なんでお前の言うとおりにしなきゃならねえんだよ!」
 
タカオがキレた。ユウジが驚いて身体を緊張させた。健次郎は冷静に対抗した。

「俺の曲だから」

「おまえの曲ばっかじゃねえか」

「だったら、タカオも曲つくればいいだろ」

「……」

「作ってくれないじゃんか」
 
タカオは黙り込んだ。健次郎はドラムセットに近づいていった。

「タカオどうした。なんかあったのか」
 
タカオは立ち上がった。

「外、出ようぜ」
 
タカオはそう言って、三重になっている扉を開けて外へ出た。健次郎も後に続き、ユウジだけスタジオに取り残された。



「断られたよ」
 
スタジオの二階、階段の手前の廊下で、タカオは唐突に言った。健次郎は複雑だった。

「日菜子ちゃんと、顔合わせづらくなった」

「そうか……」

「好きな人……いるみたいだ」

「ふうん」

「誰か知りたくないか」

「誰?」

「教えねー」

「なんだよ」

「そいつはのんきで鈍い男なんだよ」

「……」

「プー太郎でふらふらしてる、頼りない奴なんだ」

「そうか……。俺さ、日菜子とは友達として……」
 
タカオは健次郎の言いかけた言葉をさえぎった。

「俺さ、バンドやめる」

「え!?」

「このバンドにいても将来不安だしさ!」

「はっきり言ってくれるじゃんか」
 
二人で少し笑い合った。

「それに、これ以上、おまえと仲悪くなりたくないし」

「そうか……じゃあ、次のライブが……」

「ラストライブだ」
 
健次郎は急に心細くなった。本心としてはやめてもらいたくなかった。

「楽しかったよな……」
 
健次郎は、小声で呟いた。

「なに?」
 
タカオは聞いてきた。

「バンド始めた頃、楽しかったな」
 
健次郎はうつむきながら言った。

「最高に楽しかった」
 
タカオはタバコに火をつけた。

「今まで、ありがとな。俺のわがままに付き合ってくれて」
 
健次郎はそう言って、スタジオに入ろうとした。

「ほんとだよ……でも……」

「ん?」

「夢を見させてもらったよ。……ほんのちょっぴり」
 
タカオはそう言うと、星空を見上げながら、勢いよくタバコの煙を吐いた。



 


武田宗徳(たけだ・むねのり)



1974年静岡県生まれ。96年よりモーターサイクル(カワサキ・エストレア)に乗りはじめる。2000年頃よりバイク小説を書きはじめ、02年からは自らの小説による手作りのフリーペーパー、『Rider's Story』の編集・発行、静岡県を中心に配布している。GOGGLEやOutRiderなど雑誌への掲載実績も複数、ON THE ROAD MAGAZINE本誌では06年より小説『Rider's Story』を連載。08年、静岡学術出版より新書『バイク小説短編集"Rider's Story"~僕は、オートバイを選んだ~』を出版。09年、13年以上乗り続けた愛車エストレアが不動となり、09年モデルの同じエストレアを新しい相棒とする。プライベートは夫であり二人の男の子の父。現在静岡県藤枝市を拠点に活動中。



ホームページ:http://www.geocities.jp/mjy_t

ブログ『Rider's Life』:http://www.orm-web.co.jp/blog/riders_life

バックナンバー
010203040506070809

PAGE TOP