TOP > MOTORCYCLE > Rider's Story on ORM...

HEADLINE

新着記事

MOTORCYCLERider's Story on ORM-web 第12回

2010.05.08

メインビジュアル

Rider's Story 長篇連載の12回目


前回までのあらすじ...


土屋健次郎は海沿いのカフェ「Sea & Sky」に通うようになっていた。何か影のある店主の女性、林涼子に次第に惹かれていった。健次郎が無理やりツーリングに連れて行こうとして夫のことを問い詰めたとき、彼女の目から涙がこぼれた。

『自由へ至る 』第12話 湖

文と写真:武田宗徳

二人を乗せたオートバイは、海沿いの峠道を町とは反対の方へ走っていた。国道と合流し、平べったい町並みを通り過ぎて、海岸線に出た。
 
涼子は、風を切って走るオートバイの感覚に、今まで感じたことの無い開放感を味わっていた。オートバイはもちろん、今見ている風景も初めての景色だった。初めてのことばかりだ。思わず、涼子は叫びたくなった。言葉にならない声を上げたくなった。
 
オートバイはそのまま走り続け、五十キロほど行った先で左に折れ、今度は山へ向かってひたすら走り続けた。短い有料道路を抜けると、だんだん建物が少なくなってくる。そして、気がつくと森の中を走っていた。
「うわあ」
 
涼子が感激を声に出した。視界が開けて、湖が目の前に大きく広がったからだ。健次郎は湖へ降りる道へとオートバイを傾けた。


 

ピシャピシャと音を立てながら、健次郎の投げた平べったい石が、水面を跳ねた。平日の午前中で、人影もまばらだ。涼子が健次郎の後ろをついてくる。

「涼子さん。バイク、いいでしょ」

「最高ね。バイクが自由の象徴ってこと実感したわ」
「この湖も静かで、すごく気に入っているんです」

「私も気に入ったわ」

「……」

「もう、どうでもよくなっちゃったな。……あなたのせいよ」

「すいません」

「謝らなくていいのに。冗談よ……」

「……」

「私、別れようかな」

「旦那さんと?」

「うん……」
 
そして、涼子はぽつりぽつりと自分の夫のこと、自分との関係を話し出した。
 
涼子の夫は元一流ホテルの支配人だった。涼子はそのホテルへ客として一度泊まったことがあった。ある会社の事務員だった涼子はその仕事内容と、人間関係がうまくいかず、自主退社した。そして、気晴らしにと、高いお金を払ってそのホテルに泊まったのだ。その時、今の夫は涼子を見て何かを感じたのか、すれ違うたびに話しかけてきた。次の朝、チェックアウトするまでの間に、なんとお互いの電話番号を交換していたのだった。そのとき、彼は五十二歳、涼子は二十一歳だった。
 
彼は言った。君のお店を出してあげる、金の不自由はさせない、と。すでに父親をなくしていた涼子は、彼と亡き父を重ねていたのかもしれない。また涼子の母親を養っていくためにも彼と結婚すべきだと思ったのかもしれない。
 
結婚した後、彼は仕事を引退して、現代彫刻の創作活動に没頭した。自分は喫茶店をオープンさせ、店は定休日なし、朝から晩まで一人きり、という状況で、涼子は店に縛られることになった。彼は嫉妬深かった。三十近く歳の離れた、かわいい妻を誰にも取られまいと、店の客以外には会わせようとしなかったし、どこにも連れて行かなかった。免許も取らせようとしない。そのためには喫茶店の立地場所もすべて彼の考え通りだったのだ。
 
それでも、涼子が別れようとしなかったのは、働けなくなった涼子の母を養わなければならなかったからだ。もう一つ理由を挙げるならば、涼子自身の生活が彼の経済力なしでは成立しなくなっていたからだ。涼子は会社の社員でいるより、一人で喫茶店を切り盛りする方が気が楽だった。もし別れて、一人になったとき、果たして生活していけるのか不安だった。
 
だから、我慢した。二十年、我慢した。







武田宗徳(たけだ・むねのり)



1974年静岡県生まれ。96年よりモーターサイクル(カワサキ・エストレア)に乗りはじめる。2000年頃よりバイク小説を書きはじめ、02年からは自らの小説による手作りのフリーペーパー、『Rider's Story』の編集・発行、静岡県を中心に配布している。GOGGLEやOutRiderなど雑誌への掲載実績も複数、ON THE ROAD MAGAZINE本誌では06年より小説『Rider's Story』を連載。08年、静岡学術出版より新書『バイク小説短編集"Rider's Story"~僕は、オートバイを選んだ~』を出版。09年、13年以上乗り続けた愛車エストレアが不動となり、09年モデルの同じエストレアを新しい相棒とする。プライベートは夫であり二人の男の子の父。現在静岡県藤枝市を拠点に活動中。



ホームページ:http://www.geocities.jp/mjy_t

ブログ『Rider's Life』:http://www.orm-web.co.jp/blog/riders_life

バックナンバー
01020304050607080910
11

PAGE TOP