TOP > ALL GENRE > 作っているのは、日本人のためのブーツ。S...

HEADLINE

新着記事

ALL GENRE作っているのは、日本人のためのブーツ。SlowWearLion(スローウエアライオン)

2013.10.29

メインビジュアル

日本人によるオンリーワンの技術を生かし、日本人のためのブーツを生み出す。「FAST」「大量」「高効率」を良しとする時代の流れに逆行しようとも、日本のユーザーにとって最良のモノ作りを追求、提案する。それが、至高のブーツブランド"SlowWearLion"だ。

日本人のライフスタイルに配慮

写真

「最良の品質を得るために、JAPAN MADEにこだわっています。」と、株式会社トレードウインドでSlowWearLionブランドの商品企画・営業を担当する近藤雄太さん。

写真

「買ってからもブーツを永く履いて頂くための情報発信を積極的に行っています」と、直営店"Tools Infinity 原宿店"ショップマネージャーの佐藤秀幸さん。

写真

履き込むほどに味わいが増すレザーの風合いを楽しみながら、サイドジップ(ファスナー)の存在によって履きやすさも兼ね備えた、いいところ取りのSlowWearLion製ブーツ。気負わず楽しみたい。

 SlowWearLion(スローウエアライオン)ブランドのブーツが誕生したのは2001年。その特徴は、しっかりとした作りでありながら、ほとんどのブーツにサイドジップを標準装備していること。「当初からファスナー付きにこだわってきたのは、靴を頻繁に脱ぎ履きする日本人のライフスタイルに配慮してのことです」と株式会社トレードウインドでSlowWearLionの商品企画・営業を担当する近藤雄太さん。日本人のために開発されたラスト(足型)を使い、軽さも重視した。日本製であることも大きな特徴である。
 直営店"Tools Infinity 原宿店"のショップマネージャー、佐藤秀幸さんは「年間1,000人以上のお客様の足を拝見しています。その経験と、ブーツにうるさい『常連さん』の意見を製品作りに生かしています」と話す。

 同店舗は、もともとはアパレルのセレクトショップとして2001年にオープン。当時からウエストコーストスタイルを中心に、アメカジを豊富に取り揃える。2012年、ブーツを軸にトータルファッションを提案出来るショップへとリニューアルした。SlowWearLionブランドのブーツの修理やカスタムの受付窓口でもあり、ここでしか購入出来ない直営店限定オリジナルブーツもある。
 本格的なブーツは初めてというビギナー向けのエントリーモデル(19,800円~)から、ブーツを知り尽くしたハイエンドユーザー向けのアメリカ・ホーウィン社製クロムエクセルレザー使用モデル(4万円前後)まで、日本人の足型にフィットするEワイズの木型を開発して仕様しているので、今までのブーツに満足出来なかったユーザーにも最良の提案をしてくれる、それがSlowWearLionだ。

頭からつま先まで、直営店"Tools Infinity"

写真

Tools Infinityは、原宿エリアの裏通りにある隠れ家的なショップ。アメカジ、最新のウエストコーストスタイル中心に提案。SlowWearLionブランドのブーツの直営店で、同店限定のオリジナルブーツもある。

写真

現在は秋冬の装いを提案。ペンデルトンのブランケット生地(上)やハリスツイード生地(下)をあしらった同店オリジナルのブーツも。

 筆者もSlowWearLionと出会って、はじめてサイドジップ付きのブーツを購入してみたが、非常に便利で気軽に履ける。それでいて、例えばモーターサイクルに乗っても、ブーツとしての安心感がしっかりキープされているのが嬉しい。
 ブーツについてのあらゆる相談の窓口であり、頭からつま先までトータルに、かつ本格的にコーディネートしてくれる直営店"Tools Infinity"の存在も見逃せない。ここでしか手に入れることが出来ない、個性的でファッショナブルなオリジナル・ブーツも要チェックだ!

Tools Infinity 原宿店
〒150-0001東京都渋谷区神宮前6-9-2-2F
Tel: 03-5774-6331
http://tools-infinity.net/

photo: Gao Nishikawa
text: ORM編集部
special thanks:
TOOLS INFINITY
03−5774−6331
http://www.slowwear.co.jp/

PAGE TOP